fc2ブログ
人間社会で翻弄する動物の視点から色々綴っています。
 ライムちゃん
2022年06月21日 (火) | 編集 |
11年前に譲渡した里親さんから、連絡をいただきました。
ちょうど、どうしてるかなぁ~、と考えていた矢先のことで、オヤって感じで少し驚きました。
譲渡したときは名古屋にお住まいでしたが、今は移転先の東京でライムちゃんとご家族み~んなで暮らしているそうです。
嬉しいお知らせとともに餌のご寄付もいただきました。ありがとうございました。

「みんなの癒しになっています」 という言葉に一番、癒されます。

相手が猫だけじゃなくて、豚でも牛でも芋虫でも、かわいい、と思う感情からしか助けたい気持ちにはなれないから、
猫は私にとって他のたくさんの扉をあける存在のようです。

娘さんが、撮ってくれたライムちゃんの写真です。彼女に一番なついているそうです。💛
11年前の娘さんは猫アレルギーで、一時は飼えないのではと心配していましたが、徐々にアレルギー収まったそうです。
そういうことあるんですね。

ライムちゃんはうちにいる、ここちゃんの妹かお姉さんです。同腹です。
当時、乳のみ猫3匹が捨てられて、1匹は衰弱死で、2匹だけが助かりました。
長生きしてほしいです。

ライムたん



 急死の原因と植物の毒 
2022年04月18日 (月) | 編集 |
急に猫が亡くなってしまう原因に、植物による中毒があります。
ときどき、そういう話を耳にします。
昨日まで元気だったのに、朝亡くなっていた。

植物って侮れないんです。

以前、猫たちが一斉に嘔吐したことがありました。
おかしいと思って見回すと、クリスマスローズの葉の先が少しなくなってたことに気付き、ん~、慌てて調べると
毒性があることがわかりました。
kurisumasuro-ze.jpg

あと、フリージア、これも毒性があります。他にも怪しい植物多いと思います。
furijia.png

うちは、危険な植物は全部外に吊ってます。

中でも、一番毒性の強いのは百合科の植物だそうです。
yuri.jpg
綺麗だからついつい部屋に飾りたいと思ってしまいますが、匂いも強烈。毒も強烈だそうです。

体についた花粉を舐めるだけでもすぐに獣医に連れてゆく必要があるんだそうです。
花や茎や葉を食べたりしたら、2日以内に死に至ると聞いています。

猫は利口なのでそんなものは口にしないと思いますが、口にすることがあるんですね。
好奇心からなのか。
植物油断大敵です。

ふくすけ
引き続き、ふくちゃん(雄、茶虎)の里親さん募集です。
いつもついて回る、甘えん坊。






 フクスケ 里親さん募集中
2022年03月17日 (木) | 編集 |
ふくすけ2
瑞穂区で保護された茶虎のフクスケ。
仲間のKさんの前にふらりと現れた時、すでに
風邪で目がこんな風になっていたそうです。

誰でも抱っこできる、とても愛くるしい性格の雄猫。

元気いっぱいですが、AIDが陽性です。
うちにもAID猫が複数いましたが、どの子も発症することなく天寿を全うしています。
ふくすけ

里親さん募集中です。
ご興味ある方ご連絡ください。

(好きなもの)

餌をくれる人
チュール
アルミホイルで作ったボール
ビニール袋のカサカサ音

すぐ抱っこしたくなる、かわいいフクスケです。


 ウクライナ
2022年03月11日 (金) | 編集 |
コロナ騒ぎのさなか、まさか侵略戦争が起きてるなんて信じられない気持ちです。

領土が欲しいからって武力で侵略してくるとんでもない国が存在するなら、
やっぱり、核兵器を持ってないと自国を守れないような気がしています。

もう見られた方も多いと思います。ロシアの空爆で家族が全部亡くなり、がれきの下から愛猫が出てきて、抱きしめているウクライナ人の写真です。
キエフ
平和だからペットも飼えるし、地域猫の活動もできるのに。
平和な国が人の都合で殺処分なんてありえない。そのことも改めて感じました。
経済制裁が、功を奏するといいですが、こんなこと、本当に悲しいです。
自分の子供は外国に退避させ、他人の子供は平気で殺すプーチン。個人資産が200兆円とも言われてる。
人はいつか死ぬのに、私利私欲のためにここまでするって、病んでるとしか思えない。


 10年ぶりの仲間と((´∀`*))ヶラヶラ
2022年02月20日 (日) | 編集 |
2年ほど外で様子を見ていた猫の様子が心配で、どうしたら病院へ連れてゆけるでしょうか? 
という相談を受けました。

現場に行って、聞き込みを開始すると、その周辺にはお目当ての猫以外にも耳カットされていない猫たちチラホラ。

そこから南に約400mくらい行ったエリアには、20年前から自発的にTNRをしてくれている仲間がいます。
ひょっとしたら、その仲間が知ってる猫かなぁと思い猫の写真をメールし、かなり久しぶりに電話をすると、

「私も今、風邪をひいてる猫の保護のお手伝いに来てるのよ。xxラーメン屋さんの周辺にいるの」
10年ぶりぐらいに電話しても普通に本題に入れるのがすごい。(猫の仲間はこういう人ばかり)
それにしてもラーメン屋なんだ。。
実は私も別のラーメン屋さんにいたのです。

「この写真の猫は見たことないわ」
「やっぱりそうですよね。ひょっとしてと思ってメールしました。」
「コロナ禍だけど、お元気そうで何よりです。気を付けてくださいね。」
今にも雪が降ってきそうな冷えた夜、明るい月の下で、そう言ってお互い笑いながら電話を切りました。

私よりも年配の女性たちが、まだ猫のために元気に活動していると知り、少しホッとしました。
今は、保健所や愛護センターで、飼い主のいない猫の去勢避妊手術の券がもらえます。
これも長くコツコツ活動をしてきてくれた彼女たちのおかげです。
もっと広く市民の人に関心を持ってもらいたいです。

茶虎兄弟 ただいま里親募集中です。そろそろ6か月。飼いやすい年頃です。
pikapikatyatora.jpg
チュール大好き。初めての人でもチュールをあげると、寄ってきて触らせます。
チュールっていったい何が入ってるんだろう。。。