飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 なたね梅雨
2017年04月10日 (月) | 編集 |
先週土曜日の里親会の当日は、雨で結構むし暑かったのです。
なたね梅雨と呼ぶらしいです。この時期のああいう雨。
来場者の方の中には、80代のご夫婦や単身の男性の方もいらっしゃいました。
初めてお会いする方たちにいろいろ聞いたり、言ったりしなくてはいけないので、
結構、腹筋に力が入る活動でもあります。

同居しているお子さんいらっしゃいますか?猫は20年生きることもあります。
。。。なんだか厳しいのね。と80代の奥さん。
。。でも、先のことをしっかり考えているから、そういう質問もされるのね。
譲渡はできませんが、いつでも見にいらしてください。とお話しました。
80代には見えないはつらつとしたオレンジ色の口紅が似合う女性でした。

毎回、新しい方たちにお会いするたびに、人生勉強している気がしています。
一方、40代、独身男性の方には、
「猫を飼うなら、お酒も、タバコも控え、健康に留意することできますか?」
飼い主に何かあれば猫飼えなくなるかも知れない。もちろん事故もですけどね。
酒タバコは、なんとなく、この方を観察しての質問です。
心の中では、なんでこんなことまでいちいち言わなきゃいけないのか。
でしたが、
それでも、お兄さん、嫌な顔一つしないで、
アンケートに記入していた手を一旦止め、、真剣な表情で、
「。。そうですよね。生き物飼うって、そういうことですよね。。」
その後、話が進みましたが、結局後日、ご自身の猫アレルギー発覚でお話流れました。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
残念。



グレちゃん、寝起きの顔。
最近、自分からはスリスリします。背中を触らせてくれるそうです。
かなりの進歩。
IMG_5118gure.jpg
次回の譲渡会は 4/30(日)高照寺で開催予定です。

2017_4-30only.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。












 瑞穂区の現場
2017年03月30日 (木) | 編集 |
しろちゃんを保護した、瑞穂区の現場に、今も時々様子を見に出かける。

今は、Kさんという人が、まだ数匹残っているネコ達の面倒を見てくれているので
セールで買った缶詰や、寄付でいただいたカリカリを運んだりしている。

久しぶりに行っても、猫たち、ちゃんと私のことを覚えているから、頭いいね。
ただ、この現場に来ると、保護してやれなかった、鼻筋のことを思い出し、いつも悲しくなる。
2日もあえない日が続くと、甘えた甲高い声で、人目もはばからず走ってきていたのに。
あれから1年と4ヶ月。

デブちゃんも、おそらくどこかで亡くなってしまったと思う。
同じ時期に2匹が来なくなっていた。

餌やりさんに聞いたり、あちこち見て探したが、見つけることはできなかった。
1匹でも顔なじみの猫がいなくなると、その度に、落ち込み、後悔と寂しさと申し訳なさを長く引きずる自分がいる。

里子に出せた猫を除けば、
結局、しろちゃん1匹のみが保護できただけ。

しろちゃんが怖がっていた、麦ちゃんや、もう一匹のデブちゃんは、相変わらず、
手術しないで増やしていたおじさんの仕事場を本拠地にしながら、
元気にしているみたい。おじさんやKさんから餌を貰っているようだ。

Kさん夫婦を見かけると、走ってくるそうだ。
公道で甲高い声を出して派手に甘えられると、困ることもあるけど、
やっぱりかわいいし、忍びない。

最近、Kさんと同じアパートに住む住民が、あからさまに
猫を嫌がる風で、気になっているとKさんが言っていた。

いつか、麦も、デブちゃんも家に迎えてやれる日がくるだろうか。
近いうちまた、様子をうかがいつつ、Kさんに餌の差し入れを持っていこうと思う。



次回の譲渡会は、4月8日(土)緑区徳重で開催します。

場所 中部ケーブルネットワーク Cスペース
    名古屋市緑区鳴海町字神沢33-15
時間 13:30-16:30
徳重駅から徒歩3分です。
無料P有ります。
次回はルイ君も参加する予定です。

IMG_9994rui.jpg



ラブちゃんと、いきるくんの里親さんから写真が届きました。
「わたしのボール」
IMG_0187kurea.jpg
「ちょっとだけかしてよ」
「や~だよ~ん」

角度のせいか、手前に写っているいきるくん(仮名:健ちゃん)がとても大きな猫に見えます。
そろそろ去勢手術の時期ですかね。

それにしてもくしゃみがとまらない。。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。









 3/11 里親会
2017年03月12日 (日) | 編集 |
あれから6年。
放射能のせいで、まだ復興できない福島。

自然から離れれば離れるほど、人ってもろくなる気がします。
結局、自然に逆らえないのに、まだ懲りもせず、原発なんですよね。

置き去りにされた犬猫たちや、
痩せ細った馬や、道の真ん中にうずくまっていた豚や、コンビニに群れていた牛たちや、
人のいない、静まり返っていた町と、静かだった波の音を思い出します。



譲渡会お疲れ様でした。
今日の主役?は、私の独断で決めると、この女子。
スダチ・ジュニアでした。
IMG_0024sudajr.jpg
だって、風邪が治り、こんなに綺麗になりました。
よかった~
IMG_0027jr.jpg
保護したばかりの頃はこんな目だったよね。治ってよかった。
巣立ちちゃんジュニア
IMG_0023jr.jpg
今回は決まらなかったので、次回また譲渡会で会えます。(*^_^*) 
っていうか、そういう感情、どうよ。

「うちの触らせてくれない黒猫のコチビちゃんと、
交換して欲しいニャ♪───O(≧∇≦)O────♪」


SYさま、ご寄付ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

にほんブログ村 猫ブログへ


ポチPlease 
にほんブログ村









 打ち合わせのお茶会 
2017年02月26日 (日) | 編集 |
(〃▽〃)今日は、猫抜きで、仲間と集まり、里親会の方針の確認をしました。

集まった場所は、Nさんのおうち。
Nさんちは、お寺です。
木の廊下を歩いて、ずずっと奥に入っていくと
歴史を感じる和室があって、
窓からは大きな素敵な庭が見えてました。
満開の梅の花が楽しめる癒される空間です。

2017_2_oteranite2.jpg

湯飲み茶碗に、徳川の家紋?徳川のお姫様のお寺だからですかね。
出された玉露には、なんと、金の粉入り。
お姫様気分(^∇^)
いくつになってもお姫様。
そして、現代のお姫様は、猫捕まえるんです。
とにかく、すごく、優雅なひとときでした。

お菓子やらお饅頭やらピンクの梅やら。
Hさんが持ってきてくれた、ヨモギ餅を頬張りました。
食べるのに夢中で、ヨモギ餅の写真撮り忘れましたぁ。。

帰りに、真っ赤な梅の花のついた枝をいただきました。
この梅、帰宅して、飾ろうと枝を折ると、枝の中もうっすら赤いんですね。
自然は、神秘的です。
IMG_9985ume.jpg
どうせ生まれてくるなら、私は、赤じゃなくて、白い梅がよかったのに!
とか,
松じゃなくて、桜がよかったとか、自然は文句言わないから偉いですよね。
宿命を背負って生まれて、精一杯生きるんですね。
当たり前のことだけど、梅の枝が赤いのを見て、そんなこと考えちゃいました。
これってひょっとして哲学?o(≧ω≦)o

遠い昔、
「君に哲学は一生必要ないよ。」と、怖いほど頭の切れる友達に言われたことがあったけど、
その頃は、気にも止めず、「そうそう。」って思っていたけど、
彼は間違ってましたね。
最近の私はかなり哲学的な気がしますね。(^-^)/
でも哲学ってきっと、自然から学ぶものなんですかね。
自然も猫も先生!

さて、次回の譲渡会は、
3_2017.jpg
ハクゴンも黒太も参加する予定です。
IMG_9977.jpg
ハクゴン、(きな粉餅風雄猫)ちょっと曲線美。

IMG_9933.jpg

日に日に保護主さんに馴れてきてる黒太。
「僕、色白猫に生まれたかった」とか、決して言わないお利口さん。(。>ω<。)ノ


唐突ですが!!唄の紹介です!!

松岡さんという優しいシンガーのお兄さんが、新しい家族に迎えられるネコ達のために
唄を作ってくれました。メールでお知らせいただきました。
タイトルは、
「家族が一人増える日」
「今日は家族が一人増える日、幸せにするからね」
というフレーズで始まる暖かい歌です。 聞いてみてください。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。







 飼い主はどこから猫を貰ってる?
2017年02月14日 (火) | 編集 |
日本全国津々浦々、こんなに、たくさんの団体や個人が譲渡譲渡とやっているにもかかわらず、

統計によると 猫をどこからもらいましたか?の回答は 拾った迷い込んできたが4割。知人から貰ったが3割。ショップで買ったが2割弱で、愛護団体やシェルターや保健所から貰ったは1割らしいです。 ペット総研が昨年2016年に行ったアンケートの回答からのデータなんだそうです。

犬の場合は、1位が「ペットショップから」で半数を超え、次いで「知り合いから」が2割弱、「ブリーダーから」が約1.5割、「愛護団体・シェルター・保健所から」は1割にも満たない状況らしいです。(フェリシモ猫部さんからの情報です)

嘘みたいです。日本、ものすごいペットブームなんでしょうね。
だってあれだけ、毎回、どこの団体にも飼い主希望の人たちが来るのに、たったの1割だって。
愛護センターがこの間開催した譲渡会だって、猫たちは飛ぶように飼い主さんが決まったそうです。
信じられないです。こういう結果を知ると、生き物を安易に買わせちゃ駄目だよね。と思っちゃいますね。

ブリーダーからショップへの輸送途中に2万5千匹死んでるということですし、
関係業者への規制をもっと厳しくないと、倫理感が問われ続ける日本です。
ちゃんとしたブリーダーは、直接、飼い主と取引をすると聞いています。怪しげで無責任そうな人たちに
愛情かけて育てた犬猫絶対渡したくないからそうするのすごくよくわかりますね。
大事にしている飼い主さんの紹介とかなら、なお安心ですよね。

愛護団体の譲渡会のほうがハードル高いし、それくらいの基準にしないとまずいですよね。
何万匹も毎年殺されてるんだから。



今日はちょっとビックリの嬉しいニュース。
保護が、1年超えしたグレ蔵のグレちゃんが、
保護先のHさんの腕に、スリスリ したんだそうです。
初めての、スリスリ、グレ。
DSC_0076gure.jpg

突然のスリスリに、Hさんは、こう着状態になったそうです。いわゆる、金縛り
わかる気がします。

そうとう飢えてたのか、そうとう気分がよかったのか
1週間前私が寄ったときは、ミィュウーウー、普通よりトーンの高い声で鳴くので、怖くてとても寄れなかった。もちろん触れないから爪はトッキン、トッキンで7色に光ってます。

深夜、Hさんから「またスリスリしてくれるかなぁ。。」とメールを貰い、
「ん~。。わからニャイ。。」

こういう質問には、他のどんな質問より、適当に答えられない 「深さ」 があります。(。>ω<。)ノ
猫を保護している人しかわからない、かも知れないです。

グレちゃん、もっと近づいてきてくれるかなぁ。それともうちの家庭内野良のコチビちゃんみたいに、
1年に1回の気まぐれ!じゃないといいけど。。雄猫ってだいたいは、頭いいのに!
それにしても口の周りのシミが可愛いグレ。


次回の譲渡会は 2/18(土)です。詳細は 「踊るココちゃん」ブログで確認をお願いします。
2_2017ちらし

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。