飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ラブちゃんといきるくん、ティー君とコハクちゃん
2017年04月17日 (月) | 編集 |
仲良く、窓から外を眺めてます。。
IMG_0242loveikiru.jpg
ラブちゃんと、イキル君。たまらないかわいさ。
里親さんからメールいただきました。
IMG_0241nakayosi_love_ikiru.jpg
なかよしなのよ~ん。昨年の11月末に保護したラブちゃん、一足早く、避妊手術を済ませました。
これで、雌猫がかかりやすい、卵巣や子宮の病気などにかかりません。
長生きしてね。

一方、会社の寮で保護した兄妹猫たちは、
こちらも去勢不妊手術を無事終えました。
IMG_0239tea.jpg
IMG_0244kohaku.jpg
ティー君とこはくちゃん。
仲良くやってるようです。脱走防止の柵も付けてもらいました。

さて、こちらはこれから里親さんを探す三毛ちゃんです。
DSC_0015mikesss.jpg
ずっと家に入れていれてよ~と言っていた東区の雌猫です。
今日から家猫修行に入ります。

次回の譲渡会は 4/30(日)高照寺で開催します。
お寺の敷地内にたくさんフェンスがあります。
どんどん開けてお入りください。
2017_4-30only.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。






 春山
2017年04月16日 (日) | 編集 |
今日は、猫の保護ボランティアのおじさんたちと、ちょっとお出かけしました。
久々の里山です。
ヨモギ摘みました。
滅茶苦茶摘んでいたら、正しい摘み方教わりました!
出かけるといろんな人がいろんなことを教えてくれるから、勉強になりますね。
あと、色々、食べさしてくれるし。
できれば、ずっと、この路線で行きたいニャ。

出かけた先は、ちょっとしたパワースポットのようで、
よい運動になりましたが、この時期はまだ花粉が。。
目と鼻がなんともならず、早々に下山。またチャレンジしたい坂道コースです。
淡い春の色でおおわれた山はとても綺麗でした。
IMG_9976kabuchi2017_4.jpg
ピンクの花火があがってるようでした。

IMG_9983hiyodori2017_4.jpg
忙しそうに桜の花の蜜を吸ってたヒヨドリ。
「おいしいかい?」

IMG_9980.jpg
カタクリの花です。た~くさん咲いてました。カタクリ。小さな蘭みたいです。
久しぶりにこういう場所でカタクリを見ました。条件が揃わないと生きられない植物です。
カタクリみたいな花を、スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)と呼ぶのだそうです。英語まで教わりました!
エフェメラル=短命なとか、つかのまの とういう意味らしいです。
はかない感じがしますねぇ。。
スミレやタンポポはこれとは違うんでしょうね。毎年、嫌とうほど出てくるんだから。

たまには出かけるのも、いいですね。でも、もう少し身近にこういう自然があればいいのにね。。。
それから、頭痛くする、杉やヒノキが1/3くらいに減るといいなぁ。。
今度は猫仲間皆で行きたいです。

次回の譲渡会は4/30(日)
家猫、訓練中の猫たち、参加する予定です。
2017_4-30only.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。

 なたね梅雨
2017年04月10日 (月) | 編集 |
先週土曜日の里親会の当日は、雨で結構むし暑かったのです。
なたね梅雨と呼ぶらしいです。この時期のああいう雨。
来場者の方の中には、80代のご夫婦や単身の男性の方もいらっしゃいました。
初めてお会いする方たちにいろいろ聞いたり、言ったりしなくてはいけないので、
結構、腹筋に力が入る活動でもあります。

同居しているお子さんいらっしゃいますか?猫は20年生きることもあります。
。。。なんだか厳しいのね。と80代の奥さん。
。。でも、先のことをしっかり考えているから、そういう質問もされるのね。
譲渡はできませんが、いつでも見にいらしてください。とお話しました。
80代には見えないはつらつとしたオレンジ色の口紅が似合う女性でした。

毎回、新しい方たちにお会いするたびに、人生勉強している気がしています。
一方、40代、独身男性の方には、
「猫を飼うなら、お酒も、タバコも控え、健康に留意することできますか?」
飼い主に何かあれば猫飼えなくなるかも知れない。もちろん事故もですけどね。
酒タバコは、なんとなく、この方を観察しての質問です。
心の中では、なんでこんなことまでいちいち言わなきゃいけないのか。
でしたが、
それでも、お兄さん、嫌な顔一つしないで、
アンケートに記入していた手を一旦止め、、真剣な表情で、
「。。そうですよね。生き物飼うって、そういうことですよね。。」
その後、話が進みましたが、結局後日、ご自身の猫アレルギー発覚でお話流れました。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
残念。



グレちゃん、寝起きの顔。
最近、自分からはスリスリします。背中を触らせてくれるそうです。
かなりの進歩。
IMG_5118gure.jpg
次回の譲渡会は 4/30(日)高照寺で開催予定です。

2017_4-30only.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。












 瑞穂区の現場
2017年03月30日 (木) | 編集 |
しろちゃんを保護した、瑞穂区の現場に、今も時々様子を見に出かける。

今は、Kさんという人が、まだ数匹残っているネコ達の面倒を見てくれているので
セールで買った缶詰や、寄付でいただいたカリカリを運んだりしている。

久しぶりに行っても、猫たち、ちゃんと私のことを覚えているから、頭いいね。
ただ、この現場に来ると、保護してやれなかった、鼻筋のことを思い出し、いつも悲しくなる。
2日もあえない日が続くと、甘えた甲高い声で、人目もはばからず走ってきていたのに。
あれから1年と4ヶ月。

デブちゃんも、おそらくどこかで亡くなってしまったと思う。
同じ時期に2匹が来なくなっていた。

餌やりさんに聞いたり、あちこち見て探したが、見つけることはできなかった。
1匹でも顔なじみの猫がいなくなると、その度に、落ち込み、後悔と寂しさと申し訳なさを長く引きずる自分がいる。

里子に出せた猫を除けば、
結局、しろちゃん1匹のみが保護できただけ。

しろちゃんが怖がっていた、麦ちゃんや、もう一匹のデブちゃんは、相変わらず、
手術しないで増やしていたおじさんの仕事場を本拠地にしながら、
元気にしているみたい。おじさんやKさんから餌を貰っているようだ。

Kさん夫婦を見かけると、走ってくるそうだ。
公道で甲高い声を出して派手に甘えられると、困ることもあるけど、
やっぱりかわいいし、忍びない。

最近、Kさんと同じアパートに住む住民が、あからさまに
猫を嫌がる風で、気になっているとKさんが言っていた。

いつか、麦も、デブちゃんも家に迎えてやれる日がくるだろうか。
近いうちまた、様子をうかがいつつ、Kさんに餌の差し入れを持っていこうと思う。



次回の譲渡会は、4月8日(土)緑区徳重で開催します。

場所 中部ケーブルネットワーク Cスペース
    名古屋市緑区鳴海町字神沢33-15
時間 13:30-16:30
徳重駅から徒歩3分です。
無料P有ります。
次回はルイ君も参加する予定です。

IMG_9994rui.jpg



ラブちゃんと、いきるくんの里親さんから写真が届きました。
「わたしのボール」
IMG_0187kurea.jpg
「ちょっとだけかしてよ」
「や~だよ~ん」

角度のせいか、手前に写っているいきるくん(仮名:健ちゃん)がとても大きな猫に見えます。
そろそろ去勢手術の時期ですかね。

それにしてもくしゃみがとまらない。。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。









 3/11 里親会
2017年03月12日 (日) | 編集 |
あれから6年。
放射能のせいで、まだ復興できない福島。

自然から離れれば離れるほど、人ってもろくなる気がします。
結局、自然に逆らえないのに、まだ懲りもせず、原発なんですよね。

置き去りにされた犬猫たちや、
痩せ細った馬や、道の真ん中にうずくまっていた豚や、コンビニに群れていた牛たちや、
人のいない、静まり返っていた町と、静かだった波の音を思い出します。



譲渡会お疲れ様でした。
今日の主役?は、私の独断で決めると、この女子。
スダチ・ジュニアでした。
IMG_0024sudajr.jpg
だって、風邪が治り、こんなに綺麗になりました。
よかった~
IMG_0027jr.jpg
保護したばかりの頃はこんな目だったよね。治ってよかった。
巣立ちちゃんジュニア
IMG_0023jr.jpg
今回は決まらなかったので、次回また譲渡会で会えます。(*^_^*) 
っていうか、そういう感情、どうよ。

「うちの触らせてくれない黒猫のコチビちゃんと、
交換して欲しいニャ♪───O(≧∇≦)O────♪」


SYさま、ご寄付ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

にほんブログ村 猫ブログへ


ポチPlease 
にほんブログ村