飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ミューちゃんジュニア元いた場所に戻す
2008年03月09日 (日) | 編集 |
ミューちゃんジュニアを今朝、保護した場所に返してきた。
先週も同じ場所で1匹オス猫を去勢したばかり。
保護場所の側のお宅に60代のおじさんを見かけたので、TNR活動のチラシを渡し、それについて話す。前から話したかったけど、真昼間から人に会えるのは、週末くらい。

他にも雌猫がいるはずなので、手術のため餌付けの協力をお願いしますと頼んだ。
新聞で読んだことあるけど、そんなことここら辺でしてる人がいたんだと言われた。
側にいた奥さんは、ここへは戻さないでほしい。と言う。こーいう人、結構多いんだぁ。じぶんちさえよければ他はよし。
保護した場所へ返さなければ遺棄になる。遺棄は犯罪。猫はテリトリーで生きるから
そんなことしたら、生きられない。
よそへ持ってゆけばそこでもまた問題になる。
夕方、ご飯を運んだ。
おそらくこの辺りはあと5頭ほどは手術しないと、意味がない。
地域を巻き込みながらのネコ活動。
いつまで続けられることやら。
ミューちゃん、この先、良い縁があるといいね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック