飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 黒猫のカワイ子ちゃん!オンパレード
2017年03月13日 (月) | 編集 |
3月に入り、あちこちから黒猫が保護されています。
で、みんな 可愛い!!

黒猫のクーたん(仮名 黒太)
猫嫌いなおっさんにかなりいじめられてたよう。
かわいそうだったので保護しました。
こんな可愛い生き物いじめるって心がさもしすぎる。
醜いオッサンが、火星にでも消えれけばよい!
kurota_kutan.png

IMG_0023jr.jpg
こちらは、昨日紹介した スダチジュニア。
可愛いなぁ。この現場でもおかしなオッサンが、傘で猫を突いていた。
おかしなオッサン、少数だけど、やたら目立つよね。

大体、公務員が税金使って運営しているセンターで、殺処分なんて堂々としている事自体が問題。
殺してるんだから、殺せばすむような生き物なんか、傘でもゴルフクラブでも使って
虐めればいい!と、深くものごとを考えないな人たちに理由を与えている気がする。
昨夜もそんな光景を偶然見た。ピカピカの高そうな車を3台も止めてる自宅の庭でゴフルバットを振り回し
黒猫を追い払うオッサン。弱者を虐めるこういう人こそ、今の時代にはいらない。
毎日、うんざりするほどおかしな事件が起こってる。

そういえば、以前
仔猫の譲渡だけをずいぶん熱心にやってる年配のボランティアさんに、
センターが殺処分を止めないとTNRが進まない。
片方でTNRとかいいながら、片方で殺してるんじゃ、どっちをやればいいのか市民は困惑する
と意見すると、
「センターが猫を処分しないのは困る。だって数が増えちゃうから」とわけのわからない返答をしていた。
社会が変なら、なおさら
心を健全に保つ/近づける努力の必要性を感じます。
努力してなんとかなるものとも思えないけど。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック