飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 健ちゃんの治療!
2016年10月19日 (水) | 編集 |
脳障害があるといわれていた健ちゃん!今日3回目の治療をしてもらいに病院へ行くと。。

なんと、院長から脳障害ではないと言われました!!
やったぁ。。こんな嬉しいことないです。
やっぱり、いくらプロだって経過みなきゃわからない難しいケースもあるはず。

先週別の猫を病院へ連れて行ったときに、先生に
「間違ってるいいな。。と思ってるんですけど」と初めて言っちゃった(#^.^#)りして。
今回のケースは、ずっとこのままだと良いです。

今後は目薬で経過をみることとなりました!!健ちゃんの目、もう少し頑張れ~
けんちゃん
健ちゃんのほかに、片方の目がきちんと開いていないルイ君もいます。
両方とも性格は、ピカイチ!!

ルイ君、先回の譲渡会では誰からもオファー無く、抱っこのリクエストもなく、いじけ虫状態だったみたい。
会場では、そんなこと、忙しくて気付いてやれなかった。
るいくん
誰よりも甘えん坊で、抱っこ大好きなのに。

次回の11月の譲渡会では、横に着いていようと思います。でも、受付ガールのTさんが来れないから、
人手不足かもです。 でもがんばるもん。

先日用があってルイ君を保護しているMさんと一緒にショッピングモールに行くことがありました。
目的の売り場に直行し、さっさと帰る途中、
ペット用のベッドが山済みにされているワゴンを発見。
気がつくとワゴンに群らがっていた私たち。

そこでMさんが猫ベッドを1つだけ購入。
Mさんちには、保護猫じゃなくて、飼い猫も含めて10匹以上いるのに、
1つだけ?買うんだ!と思い、
「誰のベッド?」と聞くと、「ルイ君の」
「なんでルイなの?」と聞くと、「だって可愛いんだもん」だって。

ふぅ~ん。。
そりゃかわいいよね。あんなに甘えん坊だし。
9年触れない猫だって、一緒にいれば可愛いんだから。



ところで、
東区で保護したジョイ君、正式譲渡となりました。
膝の上にのって甘える猫になってるそうです。
よかった。
いいなぁ。
うちにはそんな猫一匹もいないわぁ。。
ジョイ君が貰われてゆき、
東区からの保護猫は残り、ルイ君だけとなりました。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック