飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ルイスのルイ君。
2016年09月28日 (水) | 編集 |
今年の5月に保護したときは、まだ乳飲み子だったルイくん。

母猫と一緒に保護していたので、大丈夫と思ったけど、大丈夫でなかったのです。
ルイ君の同腹猫たちに比較すると、体重が中々増えないので病院へつれて行くと、
このまま母乳だけでいると、この猫は育たない可能性があります。と先生。
すぐに、人馴れしていない、母猫からルイ君を離し、人工ミルクを飲ませ育てました。

春に生まれた仔猫たちは全員、風邪をひいていて、ひどく目をやられていました。
猫たちは風邪をひくと目が結構酷いことになります。放置しておくと失明することもよくあるそうです。

ルイ君も他の仔猫と同様に、目の具合が悪く、長い間、通院しました。
他の同腹猫たちは綺麗に完治しましたが、ルイ君だけは、今も片方の目が完全に開かない状態のままです。

目について獣医師と相談しましたが、手術をするにはまだ体が小さすぎるし、したとしても目が本来の
大きさに戻るかどうかはわからないというお話しでした。先生の話しぶりから、手術に積極的でない感じを受けました。

仲間とも相談した結果、手術をしない方向で里親さん探しをする方向で行きましょうということになりました。
手術時の猫への負担が大きい気がするからです。ルイ君目はこんなだけど、とても性格が良く、可愛いんです。

病院でも、目を触る先生たちではなく、反対側に静かに立つ、看護婦さんにベッタリの甘えん坊です。
甘える相手を良く知っている頭の良い雄猫です。
「ミャオミャオ」話しかける姿が印象的でした。
IMG_5926ruisu.jpg
私が羨ましく感じるほど、穏やかで控えめな性格!他の猫とも仲良くできます。(^-^)/
一緒に保護されているお兄ちゃん猫のジョイ君と仲良しです。

次回10/1の譲渡会に参加する予定です。
ルイ君の事情を理解し、家族の一員として迎えていただける方からのアクセスを心からお待ちしています。
IMG_5889rui.jpg
色は気品のあるスモークグレー、 約5ヶ月 男の子、
トイレ躾、ノミ駆除駆虫、ワクチン接種済みです。
玩具で遊ぶ元気いっぱいの猫です。生活には全く支障ありません。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック