飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 猫の太ろちゃんとクマの太ろちゃん
2016年08月15日 (月) | 編集 |
仲間の飼い猫、太ろちゃんが引越し途中で、脱走した。。
なんと、移送中、キャリーケースのファスナーを
内側から自分で開けていた。

家に運ぼうと車のドアを開けた瞬間、イノシシのように飛び出し、脱走。。
なれない新天地で。。

この脱走猫の太ろちゃん、先月、ようやくうちに戻ってきた、脱走猫の白ちゃんと顔がそっくり。
でも、体重が違った。太ろちゃん7kgもあるらしい。

「食べさせすぎじゃないの?」
「糖尿病になったら大変だよ」と言うと、
「でもこれっポッチしか(両手で表現)食べないのに大きくなるんです」とMさん。
新陳代謝が悪いに違いない。。。

首が無いくらい大きくて、ビビリ風な太ろちゃんは、1週間後にようやくMさんのところに帰ってきた。
Mさん、自分自身もまだ馴染めてない引越し先にようやく冷蔵庫も届き、これでぐっすり眠れるね。

さて、こちらは長野の太ろちゃん。猫じゃなくて、クマ。
用事で最近長野に行った。帰り道、
以前から熊が保護されている場所があると聞いていたので、行ってみることに。

太ろちゃんと名付けられている可愛い雄熊、ずっと水風呂に入ってた。
どうみても、狭くて酷い環境にクマが閉じ込められてる。としか思えなかった。

一緒に行ったFさんたち曰く、これでも4年前よりましになってる。と言う。

長野で買ったりんごをあげると、
両手でりんごをいとおしそうに抱きかかえ、美味しそうに食べ始めた。
14歳にもなっている太ろちゃん。母熊は撃たれ、連れていた小熊の太ろちゃんが
こうやって飼われる事になったらしい。

この先も死ぬまであの狭いケージの中で生活?

爪を研ぐ木も無ければ、日陰も無く、西日が容赦なくあたり、寝転がればまったく余裕のない狭さ。
コンクリートの壁は部分的に剥げてる。
世界中にお金ばら撒いてる国なのに、こんな大きな動物がいまだにこんな風に飼われてるのを見るのは辛い。。

責任者に電話を入れ、今後もあんな感じで飼育していくのか聞いてみた。
数ヵ月後に、環境を改善するタイミングがあるので、改善を考えているという返事。
期待したい。
003taro_2016731zz.jpg
一日見ていても飽きない太ろちゃん。






コメント
この記事へのコメント
かわいそうに…お母さんを奪われ、こんなところで暮らさなくてはいけないなんて、息をしていれば、それでよし!と思われては困りますよね。
近年、熊に襲われた…という事故がよく聞かれますが、人間が熊の住処を奪った結果だというのに、クマが邪魔者扱いされる。
猟友会なる連中が登場したと聞くと、腹立たしくなってきます。

猫のタロちゃん、戻ってきたのですね〜ホッとしました。

社会の変化に人間も付いて行かれず、振り回される現代社会ですが、小さな命は生きることさえ奪われることにもなるのですよね。
便利だ、速いだよりも、思いやる気持ちを大事にしていきたいですね。
2016/08/17(水) 01:02:26 | URL | まめはなのクー #-[ 編集]
太ろちゃん
同感です。
早く、早く!で皆イライラしがちです。
人間の感覚が危なくなってる気がします。
動物の生活は、昔も今も変わらないのに。

2016/08/18(木) 17:35:27 | URL | めたぼな福ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック