飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 お盆前に
2016年08月12日 (金) | 編集 |
動物病院が休みに入る直前の今日。
ネコ達の様子がおかしい。ことに気がついた。

永遠の保護猫のモコちゃん。口内炎で定期的なケアを必要としているけど、
餌はほぼ丸呑みしながら毎日ガツガツ食べてたのに。 ここ2日ほど食べない。
目がとろ~んとして、元気もなさげ。
11日は仲良しだったサビちゃんの命日。お迎えに来ちゃったのかなぁ。。と心配で出勤前に大急ぎで病院へ。
Mさんところの保護猫のルイ君も、嘔吐と下痢を繰り返していて困りました。と前の晩から連絡を受けていたので
ご一緒に。。

二人で朝から病院で落ち合い、猫たちを診察してもらった。
モコちゃん、病院へ着き、診察台の上に載せたと同時に、犬歯がポロリ。と抜け落ちた。
口内炎で歯がグラグラしてたことに気がついてやれなかった。
というか、抱っこもできないし、傍によると逃げていくし、
基本いつも人を避けてるから観察することができない。。

先生が、モコちゃんのヨダレでどろどろの口をあけ、グラグラした歯をもう一本上顎から抜き取る。
下あごのグラグラした3本目の歯も抜こうとしたけど、ヨダレを武器に抵抗をしたので断念。
そのうち、取れるでしょうと先生。
恐るべし口内炎。モコちゃんもう残ってる歯がほとんどない。

血液検査と点滴と、痛み止め。帰宅するとすっかりご機嫌で、ガツガツ食べ始めた。ホッ。。

それにしても、点滴するので夕方迎えに来て下さいと先生に言われ、一旦預けて仕事帰りに迎えに行くと、
モコちゃんの表情を見て、
「あれ、迎えに来ても喜びませんね」と先生。
「。。。」

「。。私は単なる飼育係りと同じですから。。」と私。

それにしても、こんなに長く保護して色々世話をやいてるのに、
こういう場所では、うわべだけでも少しは喜べないのかと初めてマジで思った。
可愛毛というのが無い。

それに比べて仔猫のルイちゃんの可愛いこと。甘え顔でスリスリ。
同じ猫なのにこの違いは何?

仔猫のルイちゃんもとりあえず、注射と点滴。
不調の原因はよくわからない。ルイちゃんは左目が完全に開いていないので、いろいろ
不安になるのかなぁ。。精神的なものなのかなぁ。。
しばらく様子見。

お試し飼育が中止となったJOY君としばらくまた一緒です。
JOY君、引き続き里親さん募集です。
今度は3度目の正直になるかなぁ。

多治見のムギちゃんのママと、S様、ご寄付ありがとうございました。














コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック