飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 レオ君、レモンちゃんに
2016年07月21日 (木) | 編集 |
お届けする数日前に 雄ではなく、雌だと判明した、レオ!

!? その週に限って毎晩仕事で帰りが遅くなり、連絡先を会社に持っていくのを忘れ続け、里親さんに連絡しそびれ、
お届け当日の朝、女の子でしたけど良かったでしょうか?と聞くと、
「あ、はい、大丈夫です」とお父さん。あっさりとした返事で助かりました。

どうりで、仔猫の面倒を甲斐甲斐しく見ていたはずだよね。
チビなのに、同じ現場で保護した、もっとちびたちのお母さん役だったらしいです。
中々保護できず、皆で気をもんでいたレオ君。
12匹の子ネコ達の中で一番最後まで保護されず、Yさんがやっと捕まえたとき、ガブリとYさんの手を酷く噛んだそうです。(゚д゚) 流血。。
それでもレオを離さなかったYさん。 

ここで放したら、飼い猫として室内で飼ってもらえなくなる!!と頑張ったんだと思います。
容易に想像できます。

そんなことがあったので、てっきり雄だと思ってました。(失礼しました)
IMG_5525reo.jpg
さっきまで他の猫たちと一緒だったのに、急に1匹で連れて行かれて、ビックリしてメソメソ鳴いていたレオ君。

里親さんから、レモンちゃんという名前をつけてもらいました。(^∇^)ノ
さわやかで可愛らしい名前。ピッタリな気がします。

里親さんには、3日ほど鳴くと思いますが、宜しくお願いしますと伝えました。

一番下のお兄ちゃんと早く仲良くなって、可愛がってもらって欲しいです。
2016071617090001lemon.jpg
子供たちが責任持って動物を可愛がることは、とても大切だと思います。
そんな姿を親御さんが見守ってあげて欲しいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック