猫とワタシ

猫の手

飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。

この記事のみを表示するトラミの留守番

猫たち

この週末、4歳のトラミちゃん(雌)の猫シッターをしました。
保護先のFさんが実家の用事で家を空けたため。

譲渡会ではどう贔屓目に見てもパフォーマンスがあまりよくないトラミちゃん。
ノラミ、とか、ドラミ とか、色々言われてちょっと可哀想。
でも、シッターをやってみてわかりました。
相当個性の強い面白い猫です。

父ちゃんいなくて、寂しかったみたい。
夜の餌の時間に行って見ると、ケージの中に入れられたのが相当頭にきたトラミ。
これでもか状態のグチャグチャ三昧。
042torami.jpg
ひっくり返したトイレの下に、水入れと餌が。。
それだけじゃあ飽き足らず、
手の届く範囲のものをケージの中に引き込んで、かき混ぜたみたいになってる。
自分の居る場所がない状態に。
「私の作品どーよ。世知辛い世の中を表現してみたわ」
「。。。。」
「とらみぃ。。そんなに頭にきてたの?」
ケージから出してあげると、芸術家トラミ、居間へと一目散。そしてちゃぶ台の下でくつろぐ。
側に缶詰とカリカリを混ぜた餌を置くと、
「こっちに来ないでね」の雰囲気で、フンガフンガ言いながら餌を食べだした。

その間に、グチャグチャのケージの掃除を済ませ、
帰る前にFさんから、またケージに入れるよう言われていたので、入れようとすると、
怒る怒る。。
無理につかもうとすればするほど、今度は、「怖いよ~」の悲しい鳴き声。
「どーしよう。」
深夜、一人、他人の家で途方にくれる私。
なんか情けなくない?トホホ。。

でも、トラミの様子を見ていると、
外で苦労して育った環境が想像でき、不憫に思えちゃいました。嫌なこともあったんだろうね。

なんとか、ケージに入ってもらい、帰宅。
翌朝のケージも同じくらいの凄さで、脱帽。
お掃除させて頂きます、トラミ姫。てゆーか、この猫、居間においておけばいい子で待ってるはず。
ケージに入れるから気に入らないわけで。
次回からFさんに留守番の形態変えていただきます。(トラミ代弁者より)

夜に、Fさんが帰ると、相当甘えたらしいです。
寂しがり屋で自由が好きで、缶詰が好きな可愛いトラミ。
普通の猫ではつまらない、そういう人にはとても面白くて可愛い猫です。
IMG_0023watashitorami3.jpg

IMG_0037torami.jpg

IMG_0901 (640x480)torami
トラミちゃん、6/4の譲渡会に参加する予定です。宜しく。です。

さて、東区のおばあちゃんちの猫たち。
11番目のチビ、余裕の構えで全然保護される気配なし。
相当警戒心が強い子みたいです。

ママ猫と一緒に保護されている乳飲み子たち。
1週間経ち、一回り大きくなりました。が、目やにで目がふさがってるので、
病院へ行ったほうがよさげです。また病院です。

今日は、ママ猫にレボリューションを塗布し、ノミ駆除しました。
もうしばらく、ママと一緒に生活してもらいます。
IMG_0198mama.jpg
ママ猫まだ1歳にもなってないかな。美猫です。
IMG_0199meme.jpg
幼獣仔猫たち。
周辺に耳カット猫の啓発チラシを撒きました。
仲間が増えるといいです。とにかく皆で手術。
繁殖制限して、少なくなった猫を皆で世話すればそれでいいと思うんです。
苛める必要ないよね。

コメントの投稿

secret

とら美 追伸とら美 追伸

シッターさん お疲れさまでした
今日は岐阜の山仕事お出かけ
とら美は またも一日お留守番
アドバイスのとおり 家全体 彼女に開放
・・・さて結果は?

居間の卓袱台の下に くつろいでました
食事もほとんど摂らず 何してたんだろ?
いつものように お帰りのニャア~

山道に半夏生になったマタタビがあったので
スペシャルお土産 でも 匂い嗅いで保留 
ご飯食べるでなし 眠るでなし
ひたすら こっち見つめて・・・
 
夜中になって ゴロゴロこてんこてんスリスリ
抱かれるのは苦手ですが それ以外は やられたい放題!
甘え下手の 突っ張り姉ちゃん 苦労人?
とら美 保護主冥利のネコさんです

トラミトラミ

トラミは、ザ・トラミ って感じですね。

可愛くて存在感があります。
やっぱり居間が好きなだけだったんですね。
よかった。。
  • 2016.05.30 Mon
  • めたぼな福ちゃん
  • URL
  • EDIT
  • top↑

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)