飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 福島原発とトモちゃん
2016年03月10日 (木) | 編集 |
今日、大津地裁で高浜原発の運転差し止めを命じる判決が出た。
「命と琵琶湖を守る」と書かれた垂れ幕を見て、あ~良かった。良識ある判決で。

電力会社と政治家ほど信用できない輩はこの世にいない気がする。
欲でつながれている。 

5年も前に起きたこととは思えない福島の原発事故。思い出すといつも暗い気持ちになる。

どの町も、静まり返ってた。
まるで異次元の世界に足を踏み入れたみたいで、波の音だけが静かに聞こえてた。
とても綺麗な海だったけど、たぶん放射能に汚染されていた。そして汚染は
きっと今も続いてる。

原子力発電所に近づけば近づくほど、空気がドンヨリしてきて、息苦しくなり。
どうしてこんなものが地球上にあるんだろう。と考え、人の欲は
あってはいけないものを、強引に作り出す終わりのないものと思えた。

あんな事故が起きたら、皆恐怖に震えて、取るもの持たず逃げるしかない。
相手が見えないだけによけいに恐怖心が煽られる。
人以外は皆置き去りにされた。
馬も豚も牛も、犬も猫も、ケージの中のインコも金魚も亀も。

みえない放射能が大気や海の中にばらまかれた。
殺人が犯罪なら、これは犯罪ではないのだろうか?

あんな事故があっても、懲りもせずまた再稼動させてる。
安全対策なんてどれもうそ。
安全な対策なんて放射能相手にあるわけない。

核燃料のゴミを、一体どこにどうやって保管しておくつもりなんだろうか?
それも何年?10万年?10万年後に日本はあるんだろうか?
欲で病んでる人が多いとしか思えない。
国会にも、会社にも、あっちにもこっちにも。 

5年前に葛尾村で保護した犬のトモちゃん。
いまだに本名もわからず、飼い主さんからの連絡もなく、そのことが
いつも心の隅っこに引っかかってる。

保護した周辺にもう一回だけ行って、聞き込めないだろうか?
まだ仮設住宅に住んでいるとしたら、トモちゃんの家族に
東京で里親さんに可愛がられ、元気に生きてることを教えてあげたい。
そのことが伝えられないと、自分のしたことへの疑問がずっと払拭できない。
性格の良い賢い犬である。成犬なのに、膝の上に座ろうとする。
避妊手術もされていて、フィラリアも陰性だった。
そんなに可愛がられていた犬だから、飼い主が3日に一度ほど帰宅して世話をしていたかもしれない。
よけいなことをしてしまったのではないかと考えることがある。
まなちゃん







コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/12(土) 12:03:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック