飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ようやく。。ゲット
2015年11月27日 (金) | 編集 |
この時期の仔猫たちは、皆、目に涙を浮かべた風邪引きが多いです。
本格的に寒くなる前に、仔猫の捕獲と、親猫の手術しなきゃと焦っていましたが、

このところ、雨続きだったこともあり、何度も何度も失敗を繰り返しているので、今日は、Mさんに助っ人を頼み、
お目当ての成猫の保護に出向くと、
なんと、
フツーに、仔猫登場!
今までお目当ての成猫と一緒にいるところを一度も見ていなかったので、 ショック。。
予想していなかったし、そのつもりで来ていなかったので。。
仔猫保護用の準備もなく。。

でも、おろおろしている暇もないので、Mさんを現場に残し、
300mを一気にかけぬけ、車に戻り器材をゲット。
(猫たちが私をめがけて飛び出してくるので最近車は遠くに駐車)

足りない道具は、自分のマフラーとベルトを使ってと。。
仔猫を驚かさないように、
ワニのように腹ばいで前進し、仔猫に近寄り、仔猫ゲット。
親もゲット。というか、本当はこんなに簡単ではなかったですけどね。

あとからMさん曰く、車がきたら轢かれちゃうんじゃないかと思ったと。
確かに、これに集中している間、通りがかった若いお兄さんたち、
妙な私?を見ても
見ないふりして、さっさと通り過ぎていっちゃう。

不審者に「何してるんですか?」の声掛けもなく、なんだか冷たい町だなぁと。。
複雑な心境ですね。

変すぎて怖かったのかな?ワニ歩き見てたのかな?
皆、仕事や人生に疲れて聞く余裕もないのかしらん。

まあ、寒い中、説明の時間は省けたし。
とりあえず、
今夜のミッションは完了。
風邪チビは病院に行こうね。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック