飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 難民
2015年09月06日 (日) | 編集 |
溺死したクルド人の難民の子供が、トルコの海岸に打ち上げられたニュースご存知ですか?
相当ショックな写真で、胸が詰まりました。

確か2歳か3歳の男の子だったと思いますが、
この子が産まれたころは、まだシリアは内戦の無い、普通の国だったそうです。
内戦が激化したため
トルコに亡命するたことを決め、小さなボートに乗ったそうです。

亡命者は、仲介業者に高額なお金を払い、ボートやトラックに詰め込まれるそうです。
途中、波に飲またり、酸欠で多くの人たちが亡くなっているそうです。
ずっと続いている惨事です。

写真を見た後、亡くなった男の子が、
これまで、何回家族でご飯を一緒に食べたんだろうか?とか、
仔猫や子犬を抱っこしたことがあったんだろうか?とか、
パパやお兄ちゃんと何をして遊んでもらったんだろうか?とか、
ママにどれだけチューしてもらったんだろうか?とか

5歳のお兄ちゃんも、お母さんも亡くなったそうです。
どうして罪の無い子供が、こんなことに巻き込まれないといけないのか。
たくさん笑って、友達と遊んで、そんな時間だけあげたい子供たちです。
シリアの人たちは元々とても温和でのんびりした人たちなんだそうです。
 
多くの隣国が、難民の数が多すぎて、受けれいれできないとしていたそうですが、
この子の写真は、大勢の政治家の心に何かを投じたようです。

エジプトの大富豪、Naguib Sawirisさんが、ギリシャやイタリアの島を買って、国が平和になるまでそこに住まわせてあげようじゃないかと国に打診したそうです。 

私はすばらしいアイデアだと思うんです。
国の代表が受け入れに悩んでいる間にも、大勢の一般市民が殺されています。

もし、この計画が実現したら、世界中の人たちが、いろいろな形で支援すると思います。
同時にこの記事を読んで、
シリアで起きている地獄のような現実に、心を痛めている人たちが世界中に大勢いるという事実に
励まされました。

子供は将来の宝です。子供の笑顔は大人を無条件で癒します。
どこの国の子供も、大事に育ててもらいたい。と
あの写真を見て改めて思いました。

国がおかしくならないよう、
大人である私たちは、いろんなことに、一層関心を持たなければいけないとも思いました。



コメント
この記事へのコメント
「難民」を生み出した根本原因は何だったでしょう
アラブの国々の内政に干渉し ウソをついてでも利を得ようと計らったのは
ベトナム イラク アフガン などの戦争を遂行してきたのは誰
世界のならず者は誰なのか
「集団的自衛権の行使」などを名目に その連中に追随して手を組んで 儲けようとしている
この国の政府は 新たな「難民」をもつくり出すことに加担するものだと思います

2015/09/06(日) 22:27:45 | URL | 森の妖精 アイ #-[ 編集]
争い
10年以上前、アメリカの友達が、エアフォースに入隊している自分の弟の写真を見せてくれたことがありました。

友達は、弟が、戦場では、決まりやルールなんてないと言ってた、と教えてくれました。
一般市民も大勢殺されていると。

軍服を着た青い目の弟。友人はハンサムな弟を自慢したかったようでしたが、私には、渇いた冷たい目を持つ一兵士としてしか、写らなかったです。
ひょっとしたら、戦場で亡くなっているかもしれないですね。

2015/09/07(月) 21:24:24 | URL | メタボな福ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック