飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 どら猫
2015年09月02日 (水) | 編集 |
Mさんのネコ達の餌場にフラリと現れた、顔のでかい、未去勢の 凶暴な どら猫ちゃん。

顎の穴から膿みを出し、縫合し、ついでに去勢をし、抜歯もし、色々大変だったどら猫ちゃん。

でも先生たちも大変だった。。触れない、向かってくる。
「家ではとても飼えない猫ですね。」と先生。
1週間ほど入院をし、本日Mさんがリリースしました。
お疲れ様でした。
また元気で餌場に戻っておいで~。でも他の猫いじめないんだよ~!!
だから喧嘩になるんだから。どらちゃんの写真次回掲載しますね。

さて、お寺の白猫は、少し首の腫れがひいたようです。

IMG_3427tera20158.jpg
IMG_5094tera20158.jpg
注射と、たったの3日くらいの投薬で、だいぶ良くなりました。
腫れがひき、ヌルヌルしたのも無くなったみたいです。
移動中、車の中でずっと泣いていた白ちゃん。

腎臓悪いみたいです。
多飲で多尿
この冬、越せるかなぁ。。やっぱり、シェルター欲しい気がしますね。こういう猫のことを考えると。。
でも看取るのも辛いし。。

SYさま、ご寄付ありがとうございました。
いつもお気遣いありがとうございます。大切に使わせて頂きます。

コメント
この記事へのコメント
治療のし甲斐がありそうな子たちばかりですね。
お家のニャンコが幸せだと限ったわけではないけれど、お外の子たちの過酷な生活を見ていると、せめて安心できる居場所があったら…と思ってしまいますね。

 みんな元気になって、お家を探してあげたいですよね。
2015/09/03(木) 03:04:03 | URL | まめはなのクー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/04(金) 02:26:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック