飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 無関心
2015年06月16日 (火) | 編集 |
瑞穂区には複数の大学があります。
これは、幼稚園が併設されている、ある女子大のお話。

6月14日(日)、この大学に勤める2人の女性職員が、近くの公園に仔猫を捨てようとウロウロしていたそうです。
熱心に自宅周辺のTNRをしている仲間のKさんが、その現場に出くわしました。

「何しているんですか?」と声をかけると、
「キャンパスに迷い込まれて困っている。戻ってこれない遠くの公園へおい
てきたい」と答えたそうです。。

それに、「もともと野良ねこですから公園に放します」と。

若い方の職員が、手に猫を持っていたそうです。

「里親さんを探す努力されてはどうですか?」とKさん。説得をしました。
「こんな場所に、小さな弱った猫を放置したら生きていけませんよ」
とも言ったそうです。
それでも耳をかさない様子だったそうです。2人の職員の行動から、大学の姿勢を考えました。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」は、マザーテレサの言葉だそうです。

色々な事柄に対し、無関心な人だらけの社会のような気になるときがあります。
職場でも、地域でも。

おそらく、キャンパス内やその周辺には、飼い主のいない猫がたくさんいて、誰もTNRをしていない。気がします。

この件は、行政から当事者とその学校に話してもらう事が必要だと感じました。
そして、今回が初めてだったのか。それも確認すべきだと思いました。

「自分たちが見ない場所ならそれでよし」

「無関心」ではなく、関心を持って、解決する方向に進めるよう、
働きかけてもらいたいと思います。

大学から協力要請があれば、
私たちは、お手伝いさせていただきたい。と愛護センターにお伝えしました。

Kさんがこの現場で保護した、茶トラ小僧 (かなり痩せています)

病院で手当をしてもらい、準備できれば、6/21(日)のお見合い会に参加する予定です。
手当てして、綺麗になろうね。

2015061522020003_k.jpg
本気の飼い主様、お待ちしています。



コメント
この記事へのコメント
理事長も同じ教育理念か?
炎天下でKさんが『死にますよ』と忠告しても、『もともと野良ですから』と、こんな小さな仔猫を公園に捨てに行く心理が理解できません。これでも教育機関といえるのでしょうか?うちの娘は、3年前、中学受験で、地下鉄から近く、『新カリキュラムで学習に力を入れている』と学校説明会があり、先生方の印象もよかったので、この女子大の中学も受験しましたが、つくづく入学しなくてよかったと思いました。中学から大学まで、たくさんのお嬢さんが通学していますが、この学生たちは、学校の体質にこんな卑劣な部分があると知らないわけですから、可哀想に思えます。
これでも教育機関といえるのか理事長に聞いてみたい。もしかしたら、理事長も『野良ですから』と答えるだけかもしれない。とっても怖い。
2015/07/04(土) 19:45:40 | URL | ちゃちゃ #AGI7I832[ 編集]
Re: 理事長も同じ教育理念か?
私の姪もここを受験しました。

他の学校が受かり、ここは辞めました。正解だった気がします。

女性が理事の学校らしいですが、野良猫なんて汚いから触っちゃだめ と教えている気もします。
でなければ、職員がああいうことはしないと思いますよ。

校風でしょう。
2015/07/04(土) 23:20:00 | URL | めたぼな福ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック