飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 子供と動物
2009年01月06日 (火) | 編集 |
妹たちがシドニーから年末に帰ってきた。
用事で出かけていたが、大晦日に帰国し、空港まで迎えにいった。
その間、自宅に留守番させていた自分たちの猫のことが気になり、電話がくると、街中の様子ではなく、ソニちゃんの様子ばかり訊かれた。
ずっと押入れに隠れてたけど。。

あちらでは イスラエル軍によるガザ地区の停戦 を市民が声をあげて訴えていたらしい。

今日、目にいっぱい涙をためたパレスチナの女の子の映像を見た。
姪と年が似ていて、なんとなく涙をこらえる泣き顔も似ていた。
どうしていつまでも争いが耐えないのかと気の毒で仕方ない。どうして大人はこんなにまで残酷なことを子供や動物に強いるのだろう。
猫を追いかけている私たちの住む国はとても平和だと感じる。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック