飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 直視できない野蛮さ@中国 嘆願書にサインをお願いします。
2014年12月09日 (火) | 編集 |
アイラの会のFaceBookを始めてから、ああいうものは得意ではないし、まめでもないのですが、
世界からいろんな情報が入ってくるようになりました。

直視できないような画像をたまに見てしまうと、あ~気分が相当落ち込みます。。
木村さんという方からよく通知が来ます。
この方は、世界で起きているさまざまな動物に関するニュースをFacebookを通じて紹介しています。

これまで色々な残酷な写真を目にしましたが、この11月に中国のある地方で、ゴールデンレトリバーをオーナーから盗み、解体し、肉の販売をしたという、食肉店のおっさんの記事は相当異常です。
そのやり方は残忍すぎて、まさに狂人のしわざです。

写真を見せるのは申し訳ないですが嘆願書にサインをしてあげてください。

Sign the Petition Here: http://www.yousignanimals.org/redirect.php?t=800 をクリックすると
嘆願書のページに飛びます。英語ですが、名前を入れてクリックすれば中国政府に送付されます。

飼い主から犬を盗み、縛り上げたメスのゴールデンレトリバーの足を一本ずつ切断し、皮はいだそうです。
盗まれた自分の犬を見つけた飼い主は、すぐに警察に通報したそうですが、翌日まで何もできないと言われたそうです。

中国への印象がこれで完璧に地に落ちました。。。
一度は行きたかった九寨溝ももう行きたくなりました。。
人や動物に優しい人もいる国なんでしょうけど。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック