飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 外猫 ムギちゃん
2014年08月28日 (木) | 編集 |
やかましい外猫のムギが、ここ4日ほど姿を見せない。

ムギちゃんは、エサだけあげて猫を増やしていたおじいさんが可愛がっているはずの猫だけど、
私が現場に行くと、いつも、「エサ頂戴」と大声で鳴いて走ってくる雌猫。

ムギの避妊手術は数年前にした。
おじいさんは、1日一回エサはあげるが手術の協力はしない。

ビビりで気がきついムギちゃんはいつも「ギャーギャー」派手に泣いて登場し、他の猫を叩いたりするのでちょっと困っていた。
エサやりは、やはりいろんな意味で目立たないほうがいい。
猫を捨てられても困るし、文句言われても説明が面倒だし。

だから、いつもムギが私を見つける前に、私がムギを見つけ、少しエサを鼻の先においてあげて
それから、他の猫たちの面倒を見るようにしていた。
こうするとムギは泣き止み、他の猫をいじめない。

でも、時々、あまりしつこくうるさいから
「エサは、おじいさんに貰ってるんでしょ。シッシッ」としたこともあった。

かわいそうなことをした。
ムギだって家猫として産まれたかったに違いないのに。
触れるかわいい猫だった。

腎臓が悪くなっている感じもなかった。
時々、車が来ても緊張感がなかったのが災いしたのかもしれない。
あんな大きな猫を急に家に入れて飼ってくれる人がいるとも思えない。
餌場を変えたとも思えない。
ムギといつも一緒にいた仲の良いメス猫だけが変わらず
餌場にやってくる。この子も数年前に避妊している。

外の猫はいつ事故にあうかわからない。
自分が後悔しないように、ムギちゃんにもタップリエサをあげておけばよかった。
本当は家猫より、外猫に贅沢させてあげたい。

かわいそうなムギ。
この先、どんな猫が来ても、シッシッ は決してやらない。
もっと可愛がってあげればよかった。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック