飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 雪之丞のその後
2014年04月13日 (日) | 編集 |
「餌をやる奴が悪い!」と喚き散らしている、火吹きおばさんの家の側で保護した、白猫の雪之丞。
ああいう人のいるエリアは猫問題が解決から一層遠のきますねぇ。。誰も関わりたくない。
できればウロウロしている猫たち、全部保護して譲渡してあげたい心境ですが。難しいです。

雪之丞、保護したときの相当酷かった首の噛み傷も治り、先日仲間のNさんが抜歯のために病院へ。
触れないので、麻酔して、ついでに血液検査などもしたのですが、異常なし。
年も若いそうです。1歳くらい。推測ですが、餌の確保に難儀しているエリアの猫は、
喧嘩も深刻な感じがします。イライラしちゃうのかなぁ。

雪之丞は、徐々に、餌をくれる人Nさんたちには触らせるまでになったようです。
ご飯頂戴の仕草もするそうです。

すごい。。信じがたいのですが、本当のようで、証拠写真をパチリ。
yukino.png
神妙な顔つき。ハンサムな白猫です。
もう少し家猫トレーニングをしたら、里親さま募集します。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック