飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 怒鳴られてナンボ?
2014年04月11日 (金) | 編集 |
花粉で頭をやられ、目をやられ、今度は顔が痒い。杉の後はヒノキらしく、春は厳しいです。
花粉症は今年初めてなので、視力の急な低下で落ち込んでいました。マジで転職かと考えたり、沖縄に引っ越して
花粉症を治した人のことを考えたり。ようやく少し、
症状が柔らぎ、視力元に戻りつつあり。ほっと一息、と思いきや、そうはいかない感じもしています。

猫の現場では、相変わらず「世の中の縮図」見まくりで
最近、「猫にえさやる奴が悪い!!」と口からを吐く勢いの、小さなおばさん!と会ってしまいました。。

まるでチビ竜ですが、演歌歌手の天道xxさんにチョイ似の方でした。
「Oh,すごい。この人。」というのが率直な感想。
「だちから何が言いたいの?」と怒りまくり、で血管切れそう。。
ドアをばたんと閉め、話もそこそこに行ってしまった。
こういうタイプの人、3年に1回くらいの間隔で会う気がします。

えさやりさんを怒鳴り散らすから、捕獲の協力がしてもらえず、猫のTNRが進まない。それでお話に行ったのですが、
とにかく火を吐く。ガオ~ッ!!
「私は今、夕飯作ってんの!忙しいの!」(えさやりさんに頼まれ、成り行き上そういう時間に訪問したのは確かに悪かったですが)
何作ってたんだろう。。。猫嫌いなのに、エプロンははち切れそうなハローキティ。なんだ。

鳩にえさやる感覚のえさやりさんを含め、いろんな人に遭遇させてもらう活動ですね。
怒鳴られてなんぼの猫活動、現場で学ぶ社会貢献活動でね。
だからみんなやりたくない。

この火吹きおばさんち付近で保護した三毛猫。
病院へ持ち込みましたが、避妊手術がされていたようです。(やっぱり、そう見えたんです)
開腹に至らず良かったです。
捨てられた猫のようです。どういう事情かわからないですが、
捕まえたときから元気が無いのです。
ちょっと心配です。また報告します。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック