飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 貰われていった猫たちからのご挨拶
2014年01月05日 (日) | 編集 |
貰われていった猫たちの里親様たちから複数ご挨拶メールを頂いています。
ありがとうございました。
少しずつ紹介してゆきます。

人に馴れてもらうのに苦労した猫ほど記憶に残っています。
はなちゃん!(キジ白猫、左)
複数の方が協力し、里子にでた猫です。人を相当怖がりました。
今は甘えん坊らしく、先住猫のしまちゃん(グレーの猫ちゃん)と仲良く元気にしているようです。

はなちゃん&おねえちゃん
カメラ目線。
手前ハナちゃん
保護時とは見違えるほどの美猫になりました。抱っこしたいニャン。

去年の12月、はなちゃんのママは腎臓を患い天国に逝ってしまいました。
おとなしい性格の猫でした。お顔は、はなちゃんとよく似ています。
6歳くらいだったと思います。
はなちゃんのお兄ちゃんはまだ外で
私が毎日面倒を見ています。鼻筋ちゃんといいます。今日みたいに寒い日は連れ帰りたいと思いますが、
うちには弱っているサバちゃんがいるので、大きい猫を簡単に連れ帰ることができません。

はなちゃんは、長生きして欲しいです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック