飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 高架下のブリ子とちくわ
2013年10月23日 (水) | 編集 |
ある日の出来事。

13歳になるサバちゃんどうも最近、ボケてきてるみたい。
先生に相談すると、「んー。。脳の方の薬も出しておきますか。。」「。。脳?。。」

今年で13歳。苦楽を共にしてきた、サバちゃん。
杉並の公園でノラちゃんやってた頃は、ボス猫だったのに。
頭もよくて、大きくて、犬なんかにも果敢にシャーしてたのに。。老いには勝てない?
それにしても、食欲だけは、すごい。ガッツガッツと食べては
軟便をする。だからガリガリ。

食の好みもガラリと変わったサバちゃん。
トーストやチーズや生ごみや、とにかく今まで目もくれなかったものに目をギラギラさせてすきあらば飛び掛かる。
症状から甲状腺異常?と思い検査もしたけど、いたって正常値。

診察が終えると先生が、「サバちゃんは下顎がサバみたいに少し出てるからサバちゃんですか?」
「。。うちのサバちゃん、実はフランス語のsava です。」と言うと、「。。アッ。。。そぉ。。」
今は下痢男になっちゃたけど、実はパリジャンなサバちゃん。

同日の夜、
普段とめない高架下に車を停めた。。のが間違いだった。
退社後、溜息をつきながら駐車場に行くと、
道端におかれたチクワが目に飛び込んだ。そんな。道にチクワって不自然すぎニャイ?

ミュ~
ゲッ。。あんたのチクワそこにあるよ」と捨て台詞し、帰ろうと。。
今はサバちゃんが大変でよその猫どころじゃない!

ニャン子は、ミュ~と言いながらついてくる!!車からカリカリを取り出し
あげても食べない。触ってほしくて仕方ない感じ。

「にゃ~んで私なの?」
今、下痢男のサバちゃんに風邪でも移したら命とりなんです。。
許してね。と言って走り去ろうとした。。が、あ~触れるし痩せてるし、鼻水垂らしてるし、哀れな声で鳴いてるし。。

仕方ないので、そのまま車に乗せ、元同僚にお願いをし、今その方の家で保護してもらっています(ホッ)。
だって、ボケててもサバちゃんまだ大事にしてやらないとです。

生後5か月ほどいっていますが、体重が2キロ無いので、只今太らせ中です。
IMG_8128.jpg

仮名 ブリちゃん。保護してくださっているHさん命名。
とても飼い易い性格の子です。人見知り、場所見知りなし。先回の譲渡会ではみんなに遊んでもらい、
夜は爆睡だったと思います。
元気いっぱいなブリちゃんの里親さん大募集中です。
よろしくお願いします。

IMG_8127s.jpg
「わたしのこと、おねがいしま~す。。」ブリ子
風邪も治り、ワクチンも接種済み。ノミ駆除、駆虫、トイレ躾済み。
とても人懐こい飼い易い猫です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック