飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 かわいいサビちゃん
2013年08月19日 (月) | 編集 |
腎臓と肝臓を病んでいた、我が家のサビちゃん。11日の明け方逝ってしまいました。
推定ですがまだ9歳ほどだったと思います。

先週検査と点滴をするため入院し、先生と相談して家に戻ってからは、覚悟を決めていましたが、大好きな鶏肉やお刺身を退院後2日ほど嬉しそうに口にし、それ以後は、スープ仕立ての餌や缶詰のみを口にし、亡くなる2日前から、水も飲まなくなりずいぶん苦しそうでした。

健康だった時も、人を嫌う子だったので、なるべくストレスをかけないよう、遠くから見守っていました。11日の夜には、押し入れの中で、頭を小刻みに震わせながら、懸命に目を開き病気と闘っていたサビちゃん。それでも体を拭こうとすると、小さな体を緊張させて「シャー」するサビちゃん。
痛みでパニくっていたんだよね。

「嫌だよね。」
「もうがんばらなくていいよ。サビ。茶ピーとふくちゃんのいるところにいっていいんだよ。」

最期まで一生懸命病気と闘う小さなサビを見ていたら、人の勝手で処分される動物たちの無念さは
消えることがあるのだろうと、そんなことを考えました。

サビちゃん、ありがとうね。花屋さんで買った花に、ベランダに咲いたユリや白いサルスベリを摘んで
花いっぱいにしてお寺で見送りました。水や餌や手紙も添えました。
savionly.jpg
寝ているときに、ばれないようにそおっとおでこにチューしたりしていました。
savisava.jpg

左はサバちゃん。まだがんばって生きてもらわないと。

コメント
この記事へのコメント
お世話お疲れ様でした。
人がニガ手な猫さんの闘病は歯がゆいこともたくさんあったと思います。
サビちゃん、向こうでみんニャと楽しくやってますね、きっと(^^)
2013/08/20(火) 12:58:32 | URL | にゃほい #JezSLo8M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック