飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 4月
2013年04月06日 (土) | 編集 |
今年は桜の開花が早くて、もう散ってしまいました。

年1回のお花見の時期、花見は好きですが、
桜の名所に住む猫達にとっては、夜遅くまで人でごった返し、満足に
餌も貰えているのか。ちょっと心配なところ。

きれいだわぁ。と声をあげながら写メに夢中になっている同僚たちを横目に、
チラチラ桜とは反対側を見ていると、顔なじみのピアス猫の黒ちゃんが小走りに走ってゆきました。
piasuneko.jpg
私、桜よりだんぜん、団子よ。

えっつ?猫どこ?ぜんぜん気がつかなかった。見たかったぁ。。とKさん。
気がつかないほうがいいの。と私。
桜とたこ焼きだけ楽しんでください。こういう時に、猫見たくない。
sakura2.jpg
(一部だけが妙に明るいライトアップ。LEDなのかしらん?ソーラーにしないのかしらん?)と思いながら歩いていると、

餌やりさんにバッタリ。2匹の犬を散歩させていた。というか、一匹は背中におんぶされていました。歩けないらしい。ついでに
ありがたい猫情報を提供され、後日、その現場を通りかかると、そのとおり猫たちが

ということで、、後日パラパラ雨と風の中、女の子2匹ゲット。
子猫が産まれてひかれちゃかわいそうだもんね。
餌やりさんの情報では、あと2匹いるらしいけど、情報が間違ってるといいけど、こういう情報だけは、妙に正確なんですねぇ。。
ただアノ現場はかなりやり尽くしているから、少ないはずなんですけど。
アノ現場の住民の皆さんが、直接的な行動を起こしてくれるといいんですけどね。。
楽だと思うんですけどねぇ。相当終わってる現場なんだから。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック