飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 名古屋動物愛護センターの子猫たち
2012年10月17日 (水) | 編集 |
愛護センターの協力を、できる範囲で始めようと考えていた矢先に、
とても小さなグビグビ猫の保護をすることになってしまいました。。

乳飲み子の得意なボランティアさんがいますが、その方のところが手一杯になり、
こちらで保護したチビたちです。
3匹いると聞いて、センターにかけつけると、1匹は衰弱してだめと言われ、2匹をゲット。
Tさんも3匹いると聞いて走ってゆくと、1匹は衰弱して駄目と言われ、2匹ゲット。
なんかセツナイなぁ。。
協同でやっているので、センターからの猫は今4匹保護中です。

チビは変化が急で怖いです。超慎重モードですが、今のところ、
グビグビよく飲みます。お母さんを恋しがり、人の腕をチュッパチュッパするしぐさが不憫です。
お母さん猫は、どうしているのだろう。どういう経緯で連れ込まれたのか。
あまりよくわからない。
母猫、手術してあげたいです。
そうじゃないと意味無いですよね。

このごろは、安く手術してくれる病院もあるみたいだし、
そういう病院が増えて、うまく行政とタイアップすれば、不幸な命がもっと救えるのに。
うまい方法ないんですかねぇ。。

とりあえず、チビたち元気に育って欲しいです。

haru_tya.jpg
ちょっと気が弱そう?

haru_mike.jpg
次のミルクタイムはいつ?
4時間おきの授乳に、ボラのみなさんお疲れモードです。
猫のママは偉いです。ふくちゃんには、到底できない。

ママ猫、子猫探して鳴いてるとセツナイなぁ。。
人の都合で物言えぬ生き物が処分のために持ち込まれる。
これって究極のイジメ。。?

tate_chibi.jpg
小さいなぁ。。
chibi2_tate.jpg
これからシーズンだから毎日運ばれてくるのだろうか。
助かるのはほんの一部の猫達のみ。
非力だぁ。。
授乳猫の保護の協力、して頂ける方、ご連絡ください。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック