飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 残酷なイルカ捕殺は私達にとっても精神的な苦痛!
2011年09月05日 (月) | 編集 |
9月になると、あの和歌山の太地町で残虐なイルカの捕殺が行われます。
群れを浅瀬に追い込み、矢じりで突き刺し殺す手法です。
人懐こい、イルカ達、追い込まれ、みんな大鳴きするそうです。海は真っ赤になります。
そーとー野蛮でグロいです。
こういうことをする人が日本にいるかと思うと、不快感あります。

日本でこれがされているかと思うと、精神的に苦痛です。
野生動物はそっとしておくべき。食文化を守るなどと言っているようですが、そんなの嘘。誰が10000万匹も食べるんでしょう。もし消費されているとしたら、
どこかの加工品にこっそり使われているとしか考えられない。

実際には、高い値で水族館に見世物として売れるから、辞めないと言われています。数匹を生け捕りにするために、大勢の仲間のイルカをザクザク刺し殺す様は、人のやることと思えない。相当野蛮です。
牛や馬や豚や鳥はどうだ!という人もいるようですが、野生動物と産業動物は違います。
それに牛や豚も食べない人も日本には増えてます。

本当にイルカを見たいなら、野性のイルカが見られる島にでもいくべきです。
水族館のイルカは一生働かされて死んでゆきます。

この行為は、どっからどうみても残虐そのもの。ここまでして守らないといけない文化なんてないと思います。
イルカを殺さない!
イルカ漁に反対する署名運動こちらをクリック。初めての方はまず署名TVのユーザー登録してください。
パソコン苦手な人すこし面倒ですが、がんばってお願いします。まだ目標数まで遠いです。
イルカを殺さない!


署名にご協力してください。
イルカを殺さないでの署名

http://www.shomei.tv/project-1691.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック