飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 脳タリン水産省
2011年05月09日 (月) | 編集 |
農林水産省に20km圏内の家畜のことで電話するたび、あの脳も心も無い対応にうんざりする。

福島20km圏内の家畜やペットはいつまで見殺しにされるのか!
電話で抗議されるべきは、農林ではなくて、脳足りん水産省。私はしょっちゅう電話している。

ここへは皆さんも是非抗議の電話を入れて欲しいのです。メールやファックスな
んか効きゃあしない。

電話するたび、いまにもフニャーとどこかの猫みたいなおじさんたちが受け答える。

農林水産大臣の事務所に直接電話すれば、なんだよそんなめんどくさい事、生きてるか死んでるかなんて知らないっす。風なおっさんたちが出てくる。
国民のために働く人になんでこっちがデモや署名集めまでしてお願いしないといけないのか。

20年30年一生懸命育てた種牛種豚を助ける気があるのかないのか。と詰め寄ると

20km圏内は入れないんです」壊れたスピーカーみたいに同じ事を繰り返す。

菅さん降ろしのために、わざと、トローい応対をしているのですか?と聞くと、
いやあそうではありませんとニンマリ。
回路がショートしているのか?

動物は食べないと死ぬんです人と同じ。知ってますよね。「・・・」
1時間でも早く餌あげに行ってやって下さい。親豚、餌も無いのに、子犬みたいな
サイズになっても
まだ仔豚たちを育てているんです。「・・・」
入らないということは、見殺しにするということを言ってるのわかりますよね。
「・・・」
現場の動画とか見たことないですか?「見ました・・」それでどう思われますか
?「助けて貰いたいですけど・・」
あまりの心のない対応に、ぶちきれた!
助けてもらうとは民間人に頼りたいという趣旨ですか?
あんた、心が痛まないんだ?餓死がどうしたって思ってるんですか?
「・・・」
脳足りん水産省は、自民党の頃から 脳足りんです。
だいたい、調査捕鯨でなんでクジラ殺して、スーパーにそれが売られているのか
さっぱりわからない。
だれがいまどきクジラなんて買うのか!どうせ大方、廃棄処分!
利益はどこに行っているのか!

私は脳足りん水産省のこの愚行を一生許さない。
抗議の電話をお願いします。

●農林水産省/災害総合対策室
TEL03-3502-6442
FAX03-3592-7697


彼らは、まだ生きながらえている家畜が死んで数が減るのを、死んだフリをして、じっと待っているのだろうか?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック