飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ナナちゃんがララァになった日
2008年10月03日 (金) | 編集 |
乳腺に癌のあったナナちゃん。野良ちゃん時代、何回も仔猫を産み、捕獲して避妊手術をしたときは
子宮の状態が非常に悪かった。
癌を摘出後、名古屋市内に住む、女性から里親さんになりたいという連絡を受けた。
こういった猫を一人暮らしの方が見るのはつらいのではと思ったが、獣医さんとも相談し
譲渡誓約書を交わさず譲渡した。ララァちゃんという名前になった。

ララァちゃんの里親さんのYさんは、不思議なことに、そろそろ連絡しなくてはと思うころ、連絡をくれる。
いつも、絶妙なタイミングだ。
癌はやはり再発した。この夏、2回目の摘出手術を終えた。
おそらく今度はもう切らないと思う。そのたびに、しんどそうな老猫をみるのは、お互い、かわいそうだと思うからだ。

Yさんは、お芋のすりつぶしたものをあげてくれている。私が介護していたらおそらくそこまで
手が回らないと思う。
寝ている姿が映った写真を送ってくれた。
若くても気丈なYさんに巡り合ったのは、あの黒猫の運だったのだろうか。近いうち、彼女の様子を見に行きたいと思う。
ララァ






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック