飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 愛ちゃん
2011年01月27日 (木) | 編集 |
車椅子のご婦人、Sさんから瑞穂区の市会議員に立候補している山内重雄さんを介してTNRの依頼を受けた。

歩行だけでなく、手も不自由な方で、プロテクションケージを操作するのも困難。時々、ケージを持ってお宅へ伺うのだけど、なにしろご近所でないため、あまり行くことができない。このSさんの家にフラリと現れた愛ちゃん。Sさんに里親さんを探して欲しいと言われ、Nさんたちが引き受けた。保護した当初、この時期では当たり前のように風邪を引き、治療が必要だった。右目がパッチリ開かず、右耳は中耳炎でひどい状態だった。看護婦さんに抑えられて、じっと小さな体をすぼめ、獣医師に耳を洗浄してもらっていた姿を思い出す。この時期、まともな寝場所の無い猫たちは死ぬ子も多いと思う。

そんな愛ちゃん、性格はめちゃくちゃ良く、とても愛らしい!掲載前にもう譲渡先が見つかってしまった!かわいい子は早いよねー。寂しい。。行く先は3人家族。こちらのご主人も病気をされたのか現在は車椅子を使っている。譲渡会に来てくれて、家族で決めてくれた。なんか妙な縁を感じます。このことをSさんに話すと、相当喜んでくれた。ここまで喜ばれると、恐縮してしまう。「どの人のひざにのってもいい子にするのよ」とずっと言い聞かせてきたとSさん。その通り、愛ちゃんはすぐひざの上にのってきて甘えた顔をこちらに向ける。
Sさんはお一人暮らし。猫は癒しになります。とおっしゃる。

こういう人たちが住む公営住宅から猫を処分するよう行政がやっきになっている県もあると聞くけど、心の欠けた荒いやり方だと思う。

愛ちゃん
当初女の子だと思っていたオス猫の愛ちゃん!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック