飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 ミミちゃん
2010年12月06日 (月) | 編集 |
今TNRをしている一角、xx駐車場の猫たちの6匹ほどの手術が終わったが、TNRを始めて今までの間、
みんなゾロゾロ移動をはじめ、結局気になっていた仔猫たちはもう中猫になってしまい、譲渡は難しくなり断念した。去勢と避妊をしたいが、メスねこのほうがどこかに行ってしまってほとんど見かけなくなった。
たぶん、どこかの家で餌を貰っている。そのどこかが、わからないけど、Tさんが言うには確率的に、10件に1件、餌をあげる家があるらしい。家の近所は高齢者が多く、3件に1件、餌やり家がある。手術さえ終わっていれば
猫にとってこんないい環境はないが、そうじゃないからまた問題だ。

でもxx駐車場はこの辺りからは少し離れている。そのあたりは3件に1件も餌やり高齢者はいない、新しい家が立ち並ぶエリアだ。

そこに、相当人なれしたミミちゃんという猫が忽然と姿を現すようになった。
いつも泣きながらついてきて、触って触ってとごろんとなりお腹を触らせてくれる。
捨てられたのかなぁとも思ったけど、とりあえず、抱っこしバスケットに入れて避妊手術と、ワクチンなんかを済ませた。
餌場に行くと、餌よりも人恋しいらしく、餌をそのままにして、立ち去ろうとする私の後をついてくるので、
気になって仕方ない。
どうやら、野良ちゃんだけど、どこかの高齢者に半分家猫のように可愛がられていた猫に違いない。だって
こんなに懐こい猫は我が家にもいない。くらいだ。で、ミミちゃんが入っていく家がある。古い家。
でも噂ではここの住人は猫に迷惑していると言っているらしい。でも釈然としない。その家の庭はあまり手入れのされてなく、緑がうっそうとしていて、夏は蚊が多そうだ。そこから猫たちが出てくる。

ミミちゃんをできれば里子に出してあげたいが、こういう猫の譲渡が一番難しい。これまでの経験から、
外へ出る癖が抜け切らず、譲渡先のお宅で逃がされてしまう可能性が高い気がするからだ。
どうせ譲渡先で行方不明になるくらいなら、地域の猫でいたほうがいいと思う。

ミミちゃんがどの運を持っているのか、家猫に慣れる猫なのか、お外の方が幸せな猫なのか。
言葉ができたら、聞いてみたい!!わたしの努力だけでは何ともならないこと。ただ、古い家の住人が
餌やりさんか否かは話してみればわかると思う。もし餌やりさんなら、TNRの話をし、ちゃんと餌と水をあげて貰えるよう話してみたい。

ミミちゃんは抱っこすると、固まって隙あらば逃げようとつめを立てる。
しっぽはウサギのように短く、実に可愛い声で鳴く。ふくちゃんに泣き声が似ている。
つまり可愛い。

ミミちゃん メス 推定1歳 ワクチン接種、ノミ駆除、トイレしつけ、駆虫済み。

mimi_chan


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック