飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 チャーリー里親さん大募集
2010年11月28日 (日) | 編集 |
瀕死の状態で捕まえたチャーリー。すっかり元気になった。
オス猫3ヶ月半くらい。
尻尾は長く、甘えん坊。膝の上が大好き。
トイレしつけ、ノミ駆除、駆虫、ワクチン接種済み。

charlie

だんだん寒くなるからこの時期保護されている子はラッキーだ。
でも例年に比べると暖かいから妙。

話変わって、富山に送ったどんぐり、熊たちが食べてくれているそうで、Yさんや2人のIさんたちと、良かったねと喜んだ。Iさんたちは柿も沢山送ってくれた。反対する人たちもいるみたいだけど、山枯れで今年は餌が3割程度しかないらしい。こんな事情を知っていて、知らん顔できない。
猫がらみの仲間が、山にどんぐりや柿を沢山送ってくれた。私も暇をみてはせっせと拾った。

来年は、山の手入れのお手伝いももっと積極的にしたいと思う。だって、陽の当たらない人工林をなんとかしないと虫も動物も生きられないよね。動物が森を育て、森が水をきれいにし、海に流れる。こんなこと
学校で習わなかった気がする。それに私はああいう場所に行くのが嫌いじゃない。

気の合う人たちと、山近くの土地を買い上げて家を建て、皆で住めたらいいのになぁと考える。うちの茶ピーなんかきっと一日外で遊んでいると思う。

お夕飯時にお皿を持ってご近所を廻り、お惣菜集めをし、ご飯だけ炊いて家で食べる。デザートはもいだ柿!よだればでそうなくらい良いアイデアだと思う(笑)皆で外に猫トイレを作って、交代でお世話する。誰にも意地悪されない。
ついでに間伐して、森の手入れをし、焚き火して燻ってキクイムシも退治する。そうすればナラ枯れもしない。山村が魅力的になれば、インターネットと電話とファックスさえあれば仕事できる人は町から田舎に引っ越すかもしれない。行政はまじで考えるべきだ。文化的な田舎なら住みたい若者もいると思う。けど、サルや熊を容赦なく撃ち殺し、野良猫を行政が処分しているような田舎は、Noサンキュー

チャーリー里親さん大募集中!よろしくです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック