飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 瑞穂区でのTNRとテンヤワンヤなおっさんたちパート1
2010年09月29日 (水) | 編集 |
近所のネコのTNRをまた開始した。金曜の深夜、近くの駐車場で成ネコ2匹を捕獲し
ようと餌付けをしていると、チンピラ風のおっさんに「えさやるな」「ネコほっとけ」と大声で怒
鳴られた。金髪で若い割にはずいぶんおなかの出た、小柄なおっさん。声だけは秋めい
て澄んだ深夜の空気によく響く。
私の住むこの辺りは、こういうチンピラ風なおじさんが結構多い地区。スーパーや薬局の
客層を見るとわかる。引っ越す前に知るべきだった。大声でお腹のそこからわめくおっさん
を前に、淡々とTNRの有効性を話すが、話しながら、こんなマッスルヘッドなおっさんに
日本語が通じるのかと半ばあきらめモード。

ところが途中から急に声のトーンが下がりだす。「俺はネコが好きだ」「家には19匹もい
る。」キョトーン!!

どのネコも手術はしていない。傍らにいたMさんが思わず、発情したらどうするんです
か?と突っ込むと、発情したら発情期が終わるまでケージに入れると自信たっぷりに言う。

それが飼い主の義務とすら言い切る。聞きながら、アンポンタンクなおっさん!19匹のネ
コの管理いちいちできるわけがないじゃーん。去勢・不妊してなきゃ3匹でも大変だわ。もし我が家の
ふくちゃん、サバちゃん、お茶ッピーに去勢手術がされていなかったら、、おそらくてんやわんや。スプレーはするわ、可愛い福ちゃんの声はだみ声に変るわ、普通の神経じゃ共存できないギャーッ!
怒鳴り散らしていたおっさんは、まるで舌に油でも塗ったように今度は自分ちのネコの事
情を吐き出すように話し始めた。聞くと、知り合いに譲渡した仔猫を家の外に放され、
今日も必死で探してきた帰りだと言う。ほらごらん、家の中で産ませててんやわんやに違
いない。
昔の飼い方は今はできないんだよ。てんやわんやおじさんだ。

こっちは仕事終わってから捕獲に来てるのに、なんでこの人こんなに邪魔なの?明日は
2匹の予約が入っているが、まだ1匹しかつかまっていない。結局、深夜の道端でのおっさんの話し声で、その晩はお開き。
むやみに餌だけあげてないなら文句は言わないと言うおっさんには、退却して頂いた。
ネコのことが無ければ、恐らく一生話す機会も無さそうな、あっちにもこっちにもいるおっさん連中。
この秋、せめて里子に出した仔猫の親だけはTNRしたい。

先日この子の親をTNRした。あんたは貰われてゆくの?どーするの?
nanachan.jpg
元祖アイラちゃんによく似ているメス猫だ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック