飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 まん丸な白みけ
2010年07月08日 (木) | 編集 |
堀田のお婆さん、また子猫を産ませていた。それも5匹。
あれだけ協力してもやっぱりえさやりおばさんからの協力は無理。ということが判明。
価値観が違うから、話しても理解ができないらしい。
とにかく自分の周りに猫がいれば幸せ。お婆さんの周囲の人たちがどこまで努力するかが
ネックになる。

ご近所には「炎天下の中、これ以上の保護はできない。私は倒れそうです」
私はその日、本当に倒れそうだった。5匹の子猫がえさを食べに来てるの。とシャーシャーと話すお婆さんの顔を見て目が点になった。この人は私の労力や皆が努力して集めた寄付金やフリマーの売上金をなんだと思っているのか。
この人はあと何年生きて、どれだけの猫を無責任に増やしていくのだろう。近所から害獣扱いされ
保健所に連れて行かれるのはお婆さんではなくて、まだ目の開かない子猫たちだ。
こういうひとが増やしてるんだ。飼い主のいない猫を。

お婆さんちのお隣の奥さんにそのことを話すとわかりました。近所と相談してみます。という返事。

婆さんちでオロオロウロウロしていた白三毛をとりあえず保護。
おとなしくまったりした猫らしい性格のメス猫。2ヶ月。体まん丸、顔まん丸。お婆さんに似てない。
腹が立つからこんなことも言いたくなる。
まん丸ニャンニャン。私可愛いでしょ!
cute.jpg
















コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック