飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 近親交配とザンバラ髪
2010年04月30日 (金) | 編集 |
猫の譲渡でいろんなお宅にお邪魔すると、里親さんたちから意外な体験談を聞かせてもらえる
ことがある。
最初は軽いのりの猫のお話から、甘いものやコーヒーなど勧められ、だんだん濃ーい猫の話になったりする。

どこどこのxxさんという人から貰った猫は、xxのブリーダーが産ませた猫で、親同士が同腹だったりして、
生まれた子猫は心臓が弱かったりして、長生きできなかった。
とか、
アメショーみたいな子猫が貰えると思ってお見合いに指定された場所に見に行くとまったく違った猫を紹介され、
そんな猫ただで貰えると思ってんの!と豹変された。とか。

この2つのケースは同じ人が仲介している。実はこれだけでない。

どうやら、手入れのされていないバサバサした髪がお尻の辺りまで伸びてる人から貰ったという話。
バサバサであり、サラサラとした、シャンプーのCMにでも出てこれるような花の香りの髪とはちがう。
いわゆる、ザンバラタイプ
これは私や友達のFさんなんかが名古屋でも東京でも体験談に基づいて出しているかなり真面目なデータ。
ザンバラをグチャグチャに束ねてあるのも要注意!こういう人の家には猫がかわいそうなくらいたくさんいて、
不清潔で匂ったりする。きれい好きな猫達が可愛そうだ。手術してない猫もいたりするから大変。

このザンバラおばさん、どこかのブリーダーから売れない猫や不要になった猫を1匹xx円で引取りをし、里子に出しているようだ。
近親の犬猫を産ませている悪質ブリーダー。おそらくこんなケースは全国的に見たら氷山の一角に違いない。
むやみに殺してないからまだましかもしれないが。
最近ではネットでの生態販売も盛んなようだし、これは法律で禁止されるべき行為だと思う。

ついでに補足すると、ザンバラで相当饒舌で前歯が無かったりする人はもっと要注意らしい。なぜって、こういう人は虐待をする。らしい。。一抹の不安が残ったときは、譲渡するべきでない。厄介払いが目的なら遺棄と変わらない。
猫をその子のテリトリーにおいて見守るのも優しさ。そのほうが猫によっては幸せな場合もある。

つい最近、どこかのペット葬儀屋がお金だけ貰って火葬もせず、山奥にガンガン捨てたという事件が発覚した。
埼玉だったと思う。で、送られてきた遺骨が妙に大きく、変だなぁと思った飼い主さんもいたらしい。
話がころころ変わるけど、
生き物の売り買いやそれから派生するビジネスは果てしなく怪しい
物があふれみんなピカピカの車に乗り、でもこの国の住民の幸福指数が高くないらしい。
ブータンはとても高いらしい!!ブータン。。響きも超かわいい。
おそらく豚肉なんて食べないに違いニャイ。

ブータンに行ってみたい気がする。
日本に帰りたくないになるのかしら。



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。v-410
譲渡する側も猫を譲渡される側も注意しないと
いけないということですね。
火葬の業者が捕まった話は私もテレビで見ましたが
そういえばうちのにゃんこが以前お世話になった南区の
お寺からそういった悪質な業者に関する署名が
かなり前に来ていたのを思い出しました。
ペットを飼う人が増えた分こういった悪質な商売が
成り立つかと思うと頭にきます。
2010/05/05(水) 15:18:39 | URL | 金時あずき #-[ 編集]
Re: お久しぶりです。
こんにちは。お久しぶりです。
元気ですか?
本当に変な事件続きますね。

虐待を回避するため、最近譲渡時、特に独身の方には、かかった費用払ってもらっています。
子猫の場合でも、検便、レボリューション、などに数千円の費用はかかるから。
虐待する人、お金払わない気がするの。
出し渋る人は、経済的な事情からも飼えないと判断していいと思ってます。
何も言わなくても足代として寄付を貰う時はやっぱり皆ほっとします。

2010/05/09(日) 19:47:53 | URL | めたぼな福ちゃん #-[ 編集]
???
何だかんだと可哀相な動物達を譲渡するのに
お金をとるなんて、貴方達がやっている事は、
ただの偽善にすぎない事だという事に、
いい加減気づいたらどうですか?
飼い主譲渡が決まっていたにも関わらず、
平気で嘘をつきドタキャンをし、少しでもお金を出してくれる人に譲渡していたり。
その行為自体がかなり無神経で人としてどうかと思いますが・・
2010/11/20(土) 16:19:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック