飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 黒猫のボス お婿入りトライアル開始
2010年04月08日 (木) | 編集 |
他界したおばあちゃんとおじいさんが可愛がっていた黒猫の「ボス」がお見合いをした。
ほかにも目の見えないニャんが2匹いるMさんご夫婦のお宅だ。

ボスはエイズのキャリアーだけど、家で飼ってる猫同士にエイズなんて移らない。
そんな小さなこと、どーでもいいのよ。
3匹飼いたかったと話していたのでこのトライアルがうまくいけばボスが最後の猫になる。

お見合いでのボスのパフォーマンスはいつも抜群だった。すりすりゴロゴロ誰のお膝もボスの枕となった。
お見合い当日私は嫌がるデカ猫の首に赤いリボンを必死に巻き巻き。。。
一生懸命おめかししたボスなのによい返事がなかった。。。

その人懐こい性格ゆえに、残された猫たちの中で一番気になっていた猫だった。からかもしれないが
ある日の朝ボスの夢を見た。その翌日トライアルが決まった。
見た夢はふわふわ暖かい夢だった。ちょっとしたストーリーがあったがボスと私のシークレットということで。

まだ残された猫たちのお世話に通っていた頃、
帰る私たちの後を必死で追いかけてきていたボスを見てかわいそうで
このまま持って帰ろうと思ったことがあった。

結局Mさんが保護してくれて一安心だったけど、Mさんも9匹も抱えているので
面倒見切れない。

私たちに子犬のように走りより、触ってもらいたくて仕方なかったボス。

AさんやMさん、Yさん、ご近所の人たちの努力のお陰ですね。
亡くなったおじいさんが一番可愛がっていたボス。
余生をやさしそうなご夫婦のお宅でうんと甘えて幸せに暮らしてほしいと思う。

ぼす



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック