飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 悪質ブリーダー
2010年03月07日 (日) | 編集 |
りりママのブログを見てびっくりした。ブリーダーの崩壊!
死んでる犬たちも映ってる。滅茶苦茶だ!!
この地域では同じような事件が数年前も起き新聞沙汰になったらしい。

欲にまみれた人間が罪の無い動物を利用して起こした惨たんたる悲劇。
命の売買のためにいつまでも犠牲になる犬猫たち。

ぼろ雑巾のように犬たちが死んでいる。
猫も数十匹いるらしい。みんなケージに入れられ、そのまんま。これじゃ、生きながらの殺処分と変わらない。
産ませるだけ産ませて、不要になったら、はいゴミ箱へ。

一方で愛護センターやボランティア団体が犬の譲渡を繰り返しても、こんな業者が取り締まれないとしたら
お金も労力も有効に使われていると思えない。センターの費用は税金絡みだし。

一般人の意識を高めないと、悪質ブリーダーを根絶できない。
ホームセンターやペットショップで売り買いされる犬猫がどういう経路で自分の所に来ているのか。
安い毛皮のアクセサリーがどういう風に作られているのか。
考える人が少なすぎる気がする。

行政が動いているらしいが、こうなる前にわかる兆候がなかったのだろうか。これってひょっとして
氷山の一角?のような気がしてきた。

こんなことがいまだに起こっているってある意味、すごい。日本て、本当に先進国?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック