猫とワタシ

猫の手

飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。

この記事のみを表示する天国に行った動物たち

いろいろ

これまで縁あって家へ連れ帰った猫たちを何匹か看取った。
数ヶ月で亡くなった子達、数日で亡くなった子達。「虹の橋を渡る」なんて世間では言っているけど、
一体どこにいってしまうのかと考えるときがある。
途中まで一緒に行って、神様にちゃんと猫たちを預けてから戻ってきたいと思うことがある。
こんな自分の性格を考えると、本当は生き物を飼わない方が良いのかも知れない。

最近、4歳の女の子とアビーという犬の話を読んだ。ご存知の方もいらっしゃると思いますが少し紹介しますね。

アメリカの4歳の女の子が14歳の愛犬を病気で亡くしとても悲しんでいたらしいです。どれだけアビーに会いたいか毎日泣きながらお母さんに訴えたそうです。ある日2人は神様に手紙を書いてポストに投函しました。

子供の言う事をお母さんがそのまま代筆しました。

「神様、天国にアビーがついたら、遊んであげてください。元気なときは、泳いだり、ボールで遊ぶのが大好きだった。写真を同封するから、どの子がアビーかすぐわかってください。大好きなアビーにとても会いたい。」

ポストに投函された後、ちゃんと神様が読んでくれたかどうか女の子はお母さんに毎日訪ねたそうです。
すると数日後、神様から一冊の本と手紙が届きました。
手紙には、
「アビーは無事に天国に着き元気にしていますよ。写真を送ってくれたおかげでどの子がアビーかすぐにわかりました。
アビーはもう病気ではなく、アビーの魂は天国にいながら、いつもあなたと一緒にいます。」

この町の郵便局には心を届けてくれる配達員がいると評判になったそうです。
私の動物たちもいつも私と一緒にいてほしいと思う。



コメントの投稿

secret

たま~に顔だして みると いつも泣かされる記事。

また 今日も涙が。。。

こはるさんへこはるさんへ

泣かせて、ごめん。
犬が逝ってしまって、4歳の子供が悲しくて泣くというの。不思議ですね。
誰も教えないのに。私の甥も3歳のとき、買ってもらった亀が死んで泣いたそうです。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)