飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 
2009年12月30日 (水) | 編集 |
仕事から帰ると眼性疲労でパソコンに向かうのが億劫になってきた。
今日が仕事納めだったので明日から少し寝坊ができる!嫌がる茶ピーに絡む時間が増える(笑)
でも本人もまんざらいやでもなさそうだ。だってその後絶対あれよこせ、外見せろとうるさく甘えてくる。

今日もおでんやの猫たちの世話に行くと、寒いせいか誰も待っていなかった。
黒も、ソソちゃんもいない。
最近えさも選り好みしてるみたいだし、新しい餌場が増えたのかしらん。と思いながら家に戻る途中、
ひかれた猫を見た。黒ちゃんたちのテリトリーの目と鼻の先だった。

現場は、交差点前なのに、時々狂乱したような運転手が時速90kmぐらいで通過する道路だ。
夜の見張りに行くと、信号無視、一旦停止無視ドライバーは3日に一度は見ている気がする。
最初からわかっている「ゼロの日の見張り」より、深夜の住宅街の小道の見張りの方が罰金は稼げる気がする。罰金がコミッションで私が警官ならカイロをポケットに入れ、迷わずそうすると思う。

轢かれている猫に恐々近づいてみると、ぐちゃぐちゃで顔も、耳カットも確認できず、においも放っていたのでそのまま家に戻った。取り上げるための箱や新聞紙など何も持っていなかった。

戻っても気になって、Mさんに連絡した。一緒に行ってくれるというので今度は車で現場に戻った。
さっきよりもっとぐちゃぐちゃになっていて、顔はほとんど無く腸が飛び出していた。
想像したとおり、あれからまた何度も轢かれていた。こんなひどい有様の猫に私は触れたことがない。
でも往来が激しい場所なのでうろうろしているとこちらが轢かれかねない。
Mさんが持ってきてくれた新聞紙をかぶせすくい取るようにアスファルトの路面から猫を引っ剥がし、分離帯に置いた。これ以上触れないと私が言うと、今度はMさんが持っていったダンボールに猫を入れてくれた。

帰り道、ソソちゃんと黒ちゃんが何食わぬ顔で現れた。
今、発情期なので喧嘩に巻き込まれ飛び出す猫が多いかもしれない。
帰宅途中 発情中の猫たちをあちこちで見かけた。えさだけあげて触れる猫さえ手術をしない中途半端飼いの人たちとの戦いは来年も継続しそうだ。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック