飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 さびちゃんお見合い
2009年10月17日 (土) | 編集 |
ちびのサビトラちゃんが来週の月曜日にお見合いします。一番かわいい盛りなので早く終の棲家となる
お宅に貰われていって欲しいです。
sabi
サビちゃんもえさだけあげていたおばさんちで産まれた一匹。近所に言われるから仔猫を何とかして欲しいとNさんに相談してきたおばあさんだ。Nさんは2匹保護した。
保護猫のジャスミンもそう。こういう人たちの庭に来る猫たちを何匹も保護し病院に運び手術した。
これ以上増えると困りますから、新しい猫にえさをあげる場合は、必ず手術してくださいね。そのときは協力しますから連絡ください。と伝えても、大抵こういう人たちはそのための連絡はしてこないし、
手術もしない。ということが最近わかってきた。

面倒がみられないからえさをあげない、面倒はみないけどえさはあげる。
この面倒は避妊や去勢手術を意味してるけど、どっちもどっちなのかしらん。

ただやっと4匹終えたのに、また仔猫をちょろちょろ連れた母猫をみると、んー、、
お疲れモード。Nさんが何回仔猫を引き受けたら、手術の必要性がわかってもらえるんだろう。と思うけど。期待するほうがおかしいのかしらん。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック