飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 Annieのデブネコ
2009年09月30日 (水) | 編集 |
Annieという友達がいる。つたない私の英語を忍耐強く聞いてくれた大好きな友達だ。
一緒に歩いていて、妙な男の人から声をかけられると、強く言えず、私が蹴散らしたこともあった。
冬のストーブみたいな暖かい子。
アメリカと日本が近かったら、もっと頻繁に会っていたい友達だ。

Annieは14年前からシェルターの犬猫を積極的に貰いうけ、世話をしていた。
その頃私はなんの興味も無く、ただAnnieの車の座席はいつも毛で汚れていて
すこし腰を浮かして座っていたことを思い出す。
14年ぶりに会うと、アメ車専門のAnnieがホンダのFitに乗り、カーナビを操作していた。
でも相変わらず座席には毛がついていて変わってないんだとホッとした。

シェルターに行ったというとAnnieが驚いた。私がその場所を知っていると思わなかったようだった。
視察だよんと付け加えた。
ネコがらみの話をいろいろ説明すると、Nさんちで預かっている盲目の仔猫を日本から引き取ろうと
横に座っていただんなさんに真面目に話し出す。近けりゃいつでも運ぶよん。。
こっちの環境のほうが犬猫にもいいに決まってる。だってお部屋広いし、お庭あるし。。

Annieんちのネコはとってもメタボ。まずいんじゃないの?と言うと、獣医は健康そのものと
言ってると言う。セカンドオピニオンって英語だよね。
pillow cat
だらだら食いのピローキャット?
ホワイトジャーマンシェパードのマギー、距離を置いてじっと私を見ていた。この子も飼育放棄の
飼い主から譲り受けた。
annie_dog.jpg
画家の彼女は犬猫の油絵も描く。今じゃとても私なんかは注文できない価格だ。
おいしいワインを飲ませてもらい、グイグイ、
酔っ払って一層英語が滅茶苦茶になっちゃったけど、許して欲しい。。今度会うまでに、ちゃんと
準備しておこうと思った。。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック