飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 小学生と猫
2009年08月19日 (水) | 編集 |
Nさんちに小学生がまた猫を運んできた。またですか?と聞くとNさんもため息。
乳飲み子2匹と風邪ひき1匹。成猫数匹でテンヤワンヤ状態。

子どもたちが猫を捕まえたと騒いでいるとき、元の場所に戻すことできる?とNさんが聞いたらしいが、男の子が猫をNさん宅まで連れてきてしまい
実際に仔猫を見たら返してきてとはさすがに言えなかったみたいだ。

猫は風邪で目がポンポコポンに腫れ上がって体はドロドロ。 ETみたいな猫だ。
こんな汚い猫をよく小さな子どもがここまで運んできたと感心してしまった。
chibi.jpg

Nさん宅に連れてくれば不幸な猫が救われると子どもたちが思っている。
小さな命が救われるならどんな汚い猫でも運ぶ。
その純真な思いに私もNさんも負けちゃう。

保護先がないのよ。といくら説明してもやっぱりズズ(Nさんの猫)のおばちゃんところに猫が運ばれる。
この時期の仔猫は育たない子が多いからこのETちびはラッキーだ。すぐ他の保護猫と一緒に病院で手当てを受けた。
いつまでたってもこういう猫がいなくならないのはなぜ? と子どもになって大人に聞きたい!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック