fc2ブログ
人間社会で翻弄する動物の視点から色々綴っています。
 動物取扱責任者研修会 2023年度
2023年03月05日 (日) | 編集 |
年に一回の研修会に参加しました。
場所は毎年、伏見で行われます。

昨年は3774匹の飼い主のいない猫の手術が、助成金を使って行われたそうです。
助成金を申請せずに行われた手術は含まれていません。
その数が1500匹くらいなのか、おそらく、それ以上だと推測します。

路上で交通事故にあって死んだ猫が昨年度は5488匹。これも目撃されたものだけなので、
実際はさらに上回るはずです。

令和二年の登録団体数は68団体という報告でした。
すごい数に増加したんだと感じました。それだけ関心を持つ人たちが増えたおかげです。
犬の処分は昨年もゼロ。
でも、猫は相変わらず、処分されています。
昨年度保護された猫の数は1120匹。この内の733匹はケガをして収容された自活不能猫だそうです。
処分された猫の数は63匹。
どういう猫が処分されたのか、もっと具体的に知りたいと思いました。

センターの職員の方たちからの一連の報告の後、招かれた講師による話があります。
今年は女性弁護士の方が、ペットを販売後のトラブル回避(例えば、購入してすぐに死んでしまった)の方法について
話をしていましたが、生体を販売するショップそのものの存在に疑問を持っている側からみると、
こういう話はどうなんだろう。と。
毎年、後半の1時間は、任意参加だとありがたいと思いますね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック