FC2ブログ
飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 猫の保護の相談は一切、受け付けていません。
 家庭内のら!卒業(祝)
2018年06月11日 (月) | 編集 |
首がむちうちのようになっていて、まだ本調子ではないのですが、
数年前に譲渡したビビリ猫、あきちゃん(元、咲きちゃん)の里親さんから、うれしい連絡をいただいたので
紹介させていただきます。
あきちゃんを保護してもらっていたHさんも、このことを知ったら、きっと驚くに違いないと思います。

他の里親さまからも頂いています。順番に紹介させていただきます。
文中、自分の感想を「」の中に入れています。


「あきの近況です。
何と、あのフーシャー言って、テレビの後ろから1週間出てこなかったにゃんこさんが、今ではゴロスリ甘えん坊です(*´▽`*)

「キャーo(≧ω≦)o 信じられない!!」

触ることさえ出来なかったあの頃は何だったのでしょうね。
全く慣れてくれなくて、落ち込んだこともありました。
おやつなどの、食べ物にも釣られてくれず、
優しく誉めちぎって、声をかけ 私は大丈夫な人だとじっくりと分かってもらいました。

「ありがとうございます。涙」

朝は、ご飯の前にかまって攻撃で、ニャーニャー言いながら起こしにきます。
私が起きたら、足元にすりすり。
撫でてほしいので、目の前で、突然ごろんと横たわります。
撫でた後は、嬉しそうに、私の顔に頭突き(^-^)。

「ニャー!!うれしい」

外には興味があるようですが、逃げる素振りはないです。脱走したことはありません。
賢いにゃんこさんなので、ダメなことも分かっているようです。

「でも、気をつけてくださいね~」

一番最初に、おっしゃって頂いた通り、本当に私だけの猫さんになりました。
月に数回来る友人だけは、撫でられるぐらいにはなりましたが、ゴロスリはしませんし、対応が全く違います。
宅配の方ももちろん無理で、ピンポンの音だけで、孟ダッシュで隠れます。

「うちの猫たちと全然同じです。」

抱っこはまだダメですが、多分 持ち上げられること自体が苦手みたいですね。
譲渡の時に頂いた、フェルトの丸いポンポンは、やっぱり大好きみたいで、よく遊んでいます。
本当に、癒しです。

「こういう便りが、私たちにとっては最高の癒しです」


気長に、見ていただき、本当に感謝しています。
保護先があったから、捕まえることができました。
当時、こういうボランティア活動を始めてまだ間もなかったHさんにも、とても感謝しています。
咲ちゃんは行くべきところに行ってくれた強運猫のようです。
少々気の強い、気難しい女子猫は、一人暮らしの方の家で、
がっつり、マンツーマントレーニングの方が早く慣れてくれるようです。
ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。
DSC_3235sakichan2018.jpg
この可愛さに騙されて。。何週間も通って捕まえた記憶があります。
_20180611_184703sakichan.jpg
実は、女王様だったのね。。
DSC_3234saki.jpg
あ~、お腹いっぱい。。
幸せそうな顔。。(*^_^*) NICEショットですね。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック