飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 こまった困った 愛工大
2017年08月06日 (日) | 編集 |
7月に豊田市の大学の猫問題を知りました。
場所は愛工大。愛知県にある私立大学です。

総長が何とかしてくれる、
「掃除のおばさんも首にしない」
「大学内の地域猫活動の発足」
と思っていたのに、

総長より、
事務局の課長の方が持ってたみたいです。
大学のお金で弁護士までつけちゃって、法律に触れてないから、
給餌止めても、さしつかえなし。
手術しなくても、さしつかえなし。
だってノラ猫だから。だそうです。

つまり、丸ごと何もしない。楽なほう選びます。\(^o^)/
だってそんなことしたって、一千のお金にも、ならないもん。
こんな感じなんでしょうね。
高い大学だから。

最近は勤め先から、あなたどんな社会貢献活動してますか?
なんて聞かれることも多くなってきているこの時代に、

これから社会人になる学生にそういうことを教えるべき大学が、
「何もしないよ~ん」って、無責任すぎる。
だって大学内で増えてる猫でしょ。
法律に触れていなくても、道義的にどうよって話です。
そこまで弁護士教えないんだ。
猫嫌いなとろい弁護士です。無責任です。
餌あげなければ死ぬか、どっかに行くよね。という考えは、
自分ところで増やした猫を、よその家の前に捨てることと同じです。
自分ちのゴミを他人の家の前に捨てることと同じです。
餌あげていたおばさんが悪い。あいつさえ辞めたらうちの責任じゃないんだ。
って、威張っていえますか?

事務局の一担当者が、自分の好き嫌いで、強引に決めちゃった。感じですかね。

ノミの心臓ほどの気の小さな掃除のおばさん、首にされてるのに、
退職届も書き直しさせられて、円満退社 にされちゃったそう。
これが本当ならかなりブラックな大学です。

豊田市は、「地域の猫の手術やります」と言えば、猫の去勢不妊手術は無料です。

この大学、民家からはかなり離れていて、とてつもなく敷地が広い。
山5つくらい壊して建てたような人里はなれた大学です。
だから猫たち、簡単に餌にありつけません。
大学に、出入りする人が餌をくれない限り。

餌やりおばさん首にされてから、餌なんてまともにもらってないと思います。
キャンパス内を痩せた猫がよろよろ歩いていました。
食べ物の残骸がゴミ箱からあふれ出ていました。
ゴミ漁るしかないよね。あれだけ、「餌与えるな」と看板立ってるんじゃ。
心のない人が多い大学です。

学生に聞くと、仔猫がたくさん産まれているそうです。
どうせ産まれても育ちません。だってきちんと面倒見てくれる人がいないから。

命ある生きものを、まるでゴミのように、扱う。
何もしなければ、死に絶えるか、どこかにいくか。
学生に道徳なんて、教えなくても、授業料だけ払ってもらえればいいもん。
道徳で金儲けはできません。
政治家、見てよ。ヽ(≧∀≦)ノ

豊田愛護センターに、どうなってますか?愛工大の件。と聞くと、
この件については、直接大学に電話して聞いてくださいと言われました。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村