飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 2012年度最終 譲渡会終了
2012年12月27日 (木) | 編集 |
TNRとは、もともとアメリカあたりから輸入された方法だと思われる。イギリスが発端なのかもしれないけど、実のところはわからない。
あるアメリカの団体のHPを読みながら、TNRや、地域猫の取り組みのヒントなどを読んでいると、
なるほど、どの国も、展開するのに苦労しているんだぁと感じた。

たくさんの項目の中に、「難しいお隣さんへの接し方」という項目があり、まず相手の立場に立ち、猫の問題について、穏やかに話し合うとあった。
一通り読み終えて、たぶん、邪険にされる元ペットにどのように接し、解決していくかは、その国の倫理感を象徴するとつくづく感じた。

世界中の国が国の指示で地域猫活動を展開しているとしたら、地球上から戦争がなくなる気がする。
欲で思いやる気持ちがお互いあまりにもなくなると、揉め事が耐えない。


話し変わって、
12月22日今年最終の譲渡会とお困りごと相談会が終わった。
今年は、相談者の方たちが、地域の猫をTNRしてくれた。皆さん私費。
頭数の多い方には、こちらから寄付少ししますと申し出たけど、ほとんどの方が、そちらも大変でしょうから結構です。と
言う。そういう方が相談にくる。

南区の子供たちもお手伝いに来てくれた。職員のお兄さんお姉さんを引き連れ参加してくれた。
正直、ちょっと大変だったけど、大いに意義のある時間だったと思う。
缶詰の寄付も頂き、ありがたかった。

第1部は、「思いやり版パート1」にゃほいさんが読んでくれた。
第2部は 「思いやり版パート2(地域猫編)」福ちゃんが読んだ。子供たち、どう思ったんだろう。
福ちゃんはフィードバックが知りたい。

第2部は、ココちゃんの実話に基づき、子供向け地域猫説明本を書き、それを読んで聞かせました。
中1のお姉ちゃんたちは結構冷めた感じで聞いてくれていたみたいだけど、小学生の男の子は、目をまん丸にして聞いてくれていた気がする。本当は猫だけでなく、
世界中の子供や動物が幸せに暮らせるといいね。

お話は、用意でき次第、HPかここで紹介したいと思います。

本の主人公のココちゃん。下痢も治り、元気になりました。
kokokoko.jpg





 12/22(土)譲渡会開催 年内最終です
2012年12月21日 (金) | 編集 |
年内最後の譲渡会 12/22(土)開催します。

子供向けの啓発絵本(実話を基にした読み物)も南区の子供たちに読み聞かせます。
文 ふくちゃん
絵 嵯峨さん

がんばって読みます。

可愛い猫たち大勢参加します。
真剣な飼い主様、お待ちしています!!
気をつけてお出かけください。
an59pp7.jpg






 手術の無償化 横浜市
2012年12月19日 (水) | 編集 |
数週間前のこと。瑞穂区に住むある高齢女性の方が保健所経由で電話をかけてきた。
保健所の担当者からは事前に、そういう方が相談の電話をかけてきますが、対応をお願いしますと言われていた。対応とは、プロテクションケージの貸し出しと病院の紹介でよいですか?と職員に念押しすると、はいそうです。という返事。
1週間経過しても、本人から電話は来ず、気になったので、再度保健所に電話をし、当該者から電話がきませんが、大丈夫でしたか?と聞くと、確認しますとのこと。

その数日後に、当該者から電話がかかってきた。「保健所から電話するように言われたのでかけたけど、何でしたか?」と女性。
「!?、猫の手術をしたいから器材を貸してほしいと聞いていますが」と言うと、「そんなもの置いたら、たくさんおるから、どの猫が入るかわからんわね。」TNRの有効性を話しても「お金もない」という返事。

保健所からの話と違う。私も忙しかったので早々に電話を切った。

結局、この方は、近所に住むMさんから説得されて、2匹の手術をしてくれたらしい。なんでも外中自由にさせている、自分の飼い猫について家の中まで入ってくるネコたちらしい。
ところがどうやらついてくるのは2匹どころじゃないらしい。まだ数匹いるらしい。この女性が続けてTNRをしてくれるかと言えばおそらく、どうだろう。一部の先生たちの協力価格は1匹5000円~10000円。破格値である。それでもこの人が手術を続けるかどうか。こういう人たちが大勢いる。せっかく2匹手術をしても、残り3匹ができないとまた数は元に戻る。

やはりお金が問題なのである。

既に、東京千代田区、杉並は野良猫の無償手術を行っている。来年からは横浜市も野良猫の無償手術を事業として開始する。心のある議員さんが数名、市議会を動かしたようだ。愛護センターで去勢不妊手術を無償で始めるらしい。手術をするセンターの獣医師が猫達の手術に精通するよう、熟練獣医師の指導もあるそう。持ち込む側も心強い。

名古屋も税金を投与し、愛護センターなどで、去勢不妊手術を無償で行う措置をとらない限り、ネコ問題解決への道のりは遠い。一部の人たちにだけ負担を強いるやり方を変えないと、今の現状は変わらない。手術を無償にし、少しでも一般市民の関心が高くなれば、地域猫が定着する日もくる気がするが、今のところ、トンネルの向こうは見えないし、目の前の猫達の世話だけで
精一杯の感じがする。

無償化が実現すれば、そこで初めて、ボランティアによる、センターから譲渡に向けた生態の引き取りが、有効な愛護活動になると思う。今の現状は、残念だけど、刹那的な、持続可能とも思えない、もぐらたたきに他ならない。



 身近な問題
2012年12月13日 (木) | 編集 |
瑞穂区のWさんが面倒をみていた地域のネコのトラちゃんが、この冬エイズを発症して、亡くなった。様子がおかしくなってから1月ほど入院させていたらしいけど、最後は先生が、もうこれ以上は無理なので、家に連れて帰ってくださいとやんわり言ってくれたらしい。トラちゃんは、Wさんの家に引き取られた翌日に天国に行った。お寺からの帰りに偶然会ったWさんの目が赤かったので、「一晩でも家に持って帰って来られてよかったね。ご苦労様でした」と言うと、「私もそう思います。話せてよかった」と言ってくれた。外猫は普通は触れない。でも具合が悪くなるとたちまち触れる。うれしいけど、悲しい。
安らかに眠ってね トラちゃん。



最近、某会社でネコの糞問題が浮上した。なんでも、付近に糞が落ちていると、通りがかりの住民の方がこの会社に苦情を持ち込むそう。以前からあった問題らしいが、浮上しては沈下し、また浮上し。
苦情をされると、目の前からいなくなればいいと考えるのは、まだまだ普通かもしれない。
ネコ除けの柵を作ることになろうとしたとき、勇気ある社員が、ある愛護団体に相談した。

相談された団体のボラさんから、一体どーなってるのか見て来てほしいと私の携帯にメールが来た。えーっ!そうなんだ。。なんと苦情で困っているのは自分が勤めている会社だった
頭がぐるぐる。

そのまま一体どーなっているんですか、私、こんなこと長くやっているのに、他の団体からどーなっているんだと、言われちゃいました。と、上司の上司に話すと、「なにゅ?」と言う感じで、すぐ会議を開いてくれ、抜本的な解決法の着手が決まった。つまりTNRとトイレの設置。あとは行政への報告。
torachan.jpg
保護されたあとしばらく、会議室で待機していたトラちゃん。会議中、ウニャーっと相槌を打っていたそう。
toire.jpg

昨夜、まず、第一号となるキジトラちゃん(メス)をTNRし、私にメールをくれた天白区で活動しているボラさんの協力の下、トイレもさっさと設置した。
耳カットのした猫のこと、邪険にしても解決にはならないこと。理解してくれる人が大勢勤める会社でよかった。倫理観の高い企業でよかったぁ。
トイレ3つお願いしたのに、5つも設置してくれたボラさん。
使ってくれるといいです。

 12月9日 譲渡会開催します
2012年12月03日 (月) | 編集 |
自分ちの猫の具合が悪く、病院の往復をここ数日間していたりと、
外猫のお世話も、人にお願いしたり、気がつくと、エーっ!!もう12月!!!
気絶したくなるほど、時間が経過するのが早い。。

東京から一緒に名古屋にやってきた、さばとらのSavaちゃん、
来年13歳。下痢が続き、いろいろ検査したら、「消化器サポート」食べさせてと言われてしまった。
消化器サポートをお皿にいれて目の前に置くと、ジーっと皿の中を見つめ、キョトン?!

スリスリ、離れない。
んー、食べてくれないと、また点滴で、お金がかかるし、あんたも辛いじゃん。
入院だの通院だので、日ごろ甘えないサバちゃんだけど、
退院した日は、私の顔の上で前足をフミフミ。10年一緒にいるけど、サバちゃんがこれするの見たことがない!
何気に甘えたかったんだぁ。。

12月9日譲渡会開催します。
子猫たちがなかなかよい縁に恵まれず、急遽開催です。
家族の一員として迎えて頂ける、里親さん、是非お越しください。
場所などはアイラの会HPでご覧ください。


koume33

keashi_nagai_asano.jpg


asano796.jpg
他にも可愛い子達たくさん、参加します。!!