飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 はなわくん、ロンちゃんになりました。
2017年08月10日 (木) | 編集 |
お寺で保護された、はなわくん。
正式譲渡になり、ロンちゃんという名前になりました。

相変わらず愛くるしさは変わりません。
大事にされています。
小学校3年生の男の子のいるご家族へ譲渡されました。
ロンちゃん
ロンちゃん



愛工大で勤めていて、猫への餌やりを理由に解雇されたおばさんから聞いた話です。
自分が勤める前から、何年も猫に餌をあげていた同僚がいたそうです。
その人、定年を迎え、退職するとき、
「猫たちをよろしく」と一言行って、
人の良いおばさんに、猫の世話を押し付けて辞めて行ったそうです。

おばさんは、地獄の仏のような顔立ちの人でした。
小柄でほっそりとした人です。
毎朝、10kgの餌を肩に下げ、
両手に荷物を持ち、坂道を登り、広い敷地の中の5箇所に餌を置き、
仕事をして帰るという日課だったそうです。
いろんな餌やりさんを知っていますが、このことを知って、ビックリしました。
車で現場まで行って、地域猫に餌をあげるのとは違います。
午前中だけのお掃除の仕事で一体、いくらもらえていたのか。
毎日そこから1000円相当の餌をあげてたんだと思います。
市営住宅に住んでる方です。

辞めた会社の社長から叱られ怒鳴られ、怖くて餌をあげられない。
同僚も気にしているが、怖くてあげられない。
だけど、猫たちがとても気になる。と話していました。
お掃除の仕事もきっちりやってた人だと思います。
誠実さを感じました。

この大学には前にも話したように、ずっと猫が住み着いています。
おそらく最初は、誰から持ち込んだ。学生か教員か。そこから増えたのではとおばさんが言っていました。

ノラ猫でも、急に給餌をやめることは虐待です。
動物愛護法にきちんとそう書かれています。
そんなことは、少し考えたらわかることです。
「急にどうして餌くれないの?」
飢えさせ、虐待をするのではなく、手術をして一代限りとし、生きている間
可愛がってあげましょう。
が、私たちがやるべきことです。
ただそれだけです。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村



 こきんちゃん 正式譲渡
2017年08月08日 (火) | 編集 |
乳飲み猫の頃から保護されていた、黒猫の 「こきんちゃん」
漫画のキャラクターからとった仮名だそうです。
ポニョくらいしかわからない私には、コキンも、ドキンもわかりませんが、

こきんちゃんが 貰われた先で、幸せそうにやってるのは写真見ればわかります。
IMG_0898kokin.jpg
IMG_0897nakayosikokin.jpg
この写真、里親さんが下敷きになってるみたいです。
2匹で飼ってもらえて、こきんちゃん、良かったね。

みんなこんな風に、可愛がってもらえたらいいのにね。
愛工大の猫たちも、こんな風に貰われていける猫たちもいるはずなのに。
昔から、痩せた猫がいたから、これからも痩せたまま短い寿命でいればいい。って考えは、
チョコママさんが言ってた様に、昭和ですね。
身近にそういう大人しかいない環境で育った人たち、ですかね。
寂しい話です。もうそんな時代じゃないのに。

この活動は、生きもの相手の社会貢献活動です。



poster_2017right.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村



 ノア君とマリアちゃん
2017年08月03日 (木) | 編集 |
5年前の7月に あま市の里親さんに貰われていった

ノアとマリア。

元気にしているそうです。里親のGさんからお便りいただきました。
有難うございます。
久しぶりで、嬉しかったです。
17-07-30-08-40-28-984_decomaria.jpg
マリアちゃん 女子
DSC_0558maria.jpg
ノア君 男子 やんちゃそう。

ちなみにマリアちゃんの保護したてのころの写真、美人です。
まりちゃん
たしか、愛護センターから初めて引き受けた猫たちでした。ノア君のチビのときの写真が見つからないです。

あの頃、保護のボランティアをしてくれていたTさんご夫婦は、仕事の事情で故郷の横浜にもどられました。
5年、経過あっとういまにしちゃった感じです。

Gさん、お便り有難うございます。
お仕事頑張ってくださいね。
ご主人に宜しくお伝えください。

poster_2017right.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 市長選とキジトラ女子たち
2017年04月27日 (木) | 編集 |
名古屋市長、また河村さん再選ですね。予想通り。人気根強いです。
強面ですが、名誉と金しか興味のなさげなギラギラ議員とやるには、強面必要です。

市長選前に、意見書を友人のFさんから河村さんに渡していただきました。
要点は2点。
1.公園、学校、県営・市営などにいる猫たちの、手術や地域猫の活動を公認してほしい。
  特に公園は、公認されて地域猫活動ができません。縦割り行政によるものなのか、何なのかわかりません。
  県の公園は、とっくに認められて管理者とともに、地域猫活動がされています。公認されていないので、手術費用も助成されません。一番猫の多い場所に手が入れられていない。これって、やる気の程度が疑われてます。
やりたい人が、勝手にやってね。でも、猫嫌いには十分配慮してください。だって、怒鳴られると怖いから。
まだこんな感じの職員が保健所には、いらっしゃるようです。土木なんて、蚊帳の外。
土木がこんな風だから、どこも投げてるのかも。。ですね。15年ずっ~と、公園、変わらないですねぇ。
行政が作った制度を、行政が使えないようにしている。変な構図。

名古屋市内の公園猫の活動から、みんな一斉に手を引くべきかもしれません。制度があっても、一番使いたい場所に使えないし、堂々とやれないから、近隣住民の理解が得られにくい。手術のために出かけて行って、へんなおじさんに絡まれ、勝手に警察呼ばれて、挙句の果てに呼んだのはボランティアのほうだと嘘もつかれる。公園最低。

2.助成金を獣医師会に入っていない先生にもまわして下さい。
現在、飼い主のいない猫、雄2万、雌3万円の助成金が市からでています。
でも、獣医師会のリストに載っている先生たちだけです。
リストの中には、「だいじょう?この先生?」みたいな、怖くて連れてゆけない病院もあります。
「制度のっかり隊」病院。(*゚Q゚*)

獣医師会に入っていない先生のところでは、雌も雄も1万円以内で手術ができています。
獣医師会に入っていない獣医師にも10000円の助成をお願いします。
飼い主のいない猫の手術をしてもらえる病院が増え、手術がしやすくなります。
費用が安いのでもっと多くのネコ達の手術ができます。
獣医師会に入っていなくても、資格を持った獣医師です。この不公平さはどこからくる?



xx公園の乳飲み猫の話を書いた直後に、里親さんたちからネコ達の近況報告いただきました。
お気遣いありがとうございます。
偶然にもこの里親さんたちに貰われた猫たちは、シスターズです。
キジトラ丸顔ニャン子女子たち♪
保護してすぐ家猫トレーニングしましたが、なにしろ、一根性、二根性もってるニャンだったので、譲渡後も
里親さんちで第2トレーニング突入です。
第2トレーニングは、
「脱走させないで、ただ、一緒に住んでもらう」です。

その甲斐あったようで、岡崎で女王様やってるアンジェ(下)
2017012917250アルジェ
メッセージ一部抜粋して紹介させていただきます。
「最近は居間のキャットタワーがお気に入りで一番高い所で回りを眺めてます(*^.^*)
雀がうちの庭木にも来るので各部屋の窓辺も大好きです。
甘えたい時は、かわいくスリスリしてくるし、撫で撫でも抱っこも嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らしてくれます。
一年前はあんなにシャーシャーいってた子が‥思うと感慨深いです。
家族にとってもアルジェがこの一年でなくてはならない存在になりました。
息子はもちろんですが、夫もかわいくてならないようです。」
シャーシャー猫、気長にみてくださってありがとうございました。

そして、こちらは天白に行ったアキちゃん。こちらも、メッセージ一部抜粋させていただきました。
DSC_2616aki.jpg
「まだ強引に触ることはしていませんが、徐々に距離が近づいているのが分かります♪
ソファーに座ると、手の届く範囲に近寄ってきます。初めて傍に来てくれた時は、嬉しくてたまりませんでした☆
名前を呼ぶと、可愛く「にゃーん」と鳴いてくれるのも嬉しいです。
独り言の時とは違う高い声なので、それだけでも毎日嬉しいですよ♪」
「私を見て、可愛いでしょ」と言っているみたいです。♪(≧∇≦)♪

これから窓を開ける機会が増えると思いますが、脱走にはくれぐれも注意していただけますよう、
どうぞ宜しくお願いします。

次回の里親会は、4/30(日)です。
2017_4-30only.jpg
詳細はこちらで、http://airanokai.blog.fc2.com/ 見てください。
 
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村











 ボクシングジムから婿入りした黒太 ニャンニャンデーのご報告
2017年03月23日 (木) | 編集 |
博多に、ねこ蔵というゲストハウスができたそうです。
なんでも、猫を助けたいと思っていた方が経営する不動産会社とボランティアさんが、タックを組み運営してるそうです。
これは、流行りそうですね。
ねこだけでの、運営は絶対に厳しいと思いますが、
外人向けの宿とバーなら継続的にいけそうな気がします。
場所も博多ですもんね。
片方でビジネスやって、もう片方で猫を救う。こうでないとやれないです。
ボランティア活動だけでの継続は息絶えそうで怖くてやれません。
わたしたちもこんな風に形で残していければと思っています。

1階に保護猫、2階に、病気猫、3階に賃貸ルーム。
こんな話を、ついこの間も仲間としていたところです。
いくらあったら、やれるのか?始めさえすれば、なんとかなるのか?
場所が欲しいですね。


さて、ニャンニャンデーには、里親さんから報告を頂くことがあります。

去勢手術したあと、元の場所に返すのが忍びなくて、戻しそびれた黒猫の黒太。
黒太をはじめて現場で見たとき、首をもたげて、しょんぼり、歩いていた姿を覚えています。
黒太は、トラミちゃんと同じ現場(ボクシングジムの傍)で保護した子です。

この寒空の中、一体、どこで寝ているんだろうなんて去ってゆく後姿を見ながら、考えてると、
一瞬、振り返って私を見たんです。
その目が、生きていくのに「あ~疲れた。」みたいな、感じがして。痩せたしね。
かなり忍びなかったです。こんなパターンが多いですね、どの現場も。
まだまだ地域猫活動、定着していないから。

哀愁漂う昭和・下積み・ボクサー・明日のジョーなんて言葉が浮かびそうな黒太の中猫時代。
現場の状況がきちんとしていないと、なかなか返せない場所があるんです。

結局保護して、Mさんが、家猫トレーニングを根気よく続けてくれました。有難いです。
人馴れせず、猫パンチの連打で、やっぱり駄目かと諦めモードだったのですが、抱っこできるまでになりました。
Mさんが、「猫を可愛がる人間もいるんだよ」と毎日言い聞かせた成果ですね。

それからまもなくして、明るいご家族とご縁があり、譲渡にいたりました。

あの頃から考えると、こんな羊の帽子被せられる猫になるなんて、絶対!信じられない。
嫌そうな顔して、じ~っと我慢してる。偉いです。
微笑ましいです。

「僕、一応、ご飯貰ってるし、可愛がってもらってるから、がまんしてるの。。」
 かな?

生き物の運て、本当にわからないですね。
149017092kurotaats.jpg
天寿を全うするまで、ちゃんと、家猫でいてね。脱走は絶対駄目だよ~。
黒太のご家族の皆様、引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。
写真、ありがとうございました。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。