飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 公園に捨てられた仔猫たち
2017年04月24日 (月) | 編集 |
YさんがTNRしている大きな公園に、仔猫が捨てられていることが日曜の朝にわかった。

乳飲み猫3匹。警察を呼び、現場検証してもらい、そのまま愛護センターへ。
発見されたときには、3匹とも、カラスに突かれていた。
そのうちの1匹が重症だった。

早朝人気のない時間に、まだ10cmほどの目の開いているかいないかわからないような
猫たちをモノのように、ポイと、公園に置き去りにした人がいたらしい。

親猫は、この時期、こういう小さな猫は、一生懸命隠して育てる。
私たちでさえ、これほど小さな猫がどこに隠されているかなんて探すことはほぼできない。
だから、1月ほど、親猫の様子を見て、仔猫がチョロチョロ始める頃に、ようやく保護する。

この小ささで、こういう猫を、手に取れる人は、おそらく、母猫が心を許している人間。
つまり、飼い主のような存在の人の仕業だと思う。

かわいそうに、親猫のそばにおいておけばこんなことにならなかったのに。
警察経由で愛護センターに行き、センターから連絡を受けすぐに引き取り、病院へつれていったけど、
1番小さな、仔猫が、今朝、息を引き取った。
カラスにつつかれ、顎に穴が開き、息をするのも苦しかったと思う。
小さなお腹で苦しそうに息をしている様子を見るのがとても辛かった。

猫をわざわざ公園に捨てに来た人、高齢者であろうとも、天罰を与えてほしいと思う。
この人、おそらく、また同じことをする気がする。
もし私の感が当たっていれば、
えさは適当に与えるが、猫をモノと考える、私たちには到底理解できない人だ。
そういう老婆に、これまでも何人か会ったことがある。
えさは与える、仔猫は死ぬ、なんとも思わない。昔、仔猫の間引きをしていたような
猫飼いは、そういうことに抵抗がないようだ。

おそらく、複数の猫たちに餌を与えていると思う。手術には無関心。

この公園には、年に、4回ほど、遺棄がある。
公園をテリトリーにするネコ達の手術はほとんど済んでいても、遺棄は耐えない。
名古屋市内の公園は、土木管理事務所がボランティアと協力をし、公認で、猫の管理がされるべきだと思う。
遺棄は犯罪ポスターも、景観が悪くなるから貼りたくないと否定的らしい。
こういう姿勢は一体どうなんだろう。
まるで理解ができない、無能な管理者相手に、どこまで地域猫の活動などやれるのか。

警察が遺棄をした犯人を検挙できるなどとは到底思えない。
飼い主のいない猫の去勢不妊は、公園だけでなく、公園に隣接する地区の住宅街で進めることが必要だ。

そして、モノではなく、生き物としての動物の福祉の向上に取り組み、法律をもっと変えないと、こういう人いなくならない。
そのままそっとしておけば、母猫が一生懸命育てたはずだった。
おっぱいが飲みたくて仕方がない仔猫を、無理やり親から奪い上げ、親猫が取りにいけないような場所に捨てることが、今の時代でもできる人って、ほぼ犯罪者だと思う。
カラスに仔猫を殺させても、手術しない限り、母猫はまたすぐ仔猫を産む。
また捨てるんだろうか。それとも今度は殺すんだろうか。

IMG_0262daisy.jpg
助けてあげたかったけど、助けてやれなかった。
ディジー、母猫から放されて、大泣きしていたんだよね。
だからカラスに狙われた。
なんともやりきれない。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村





 見守り隊
2016年10月27日 (木) | 編集 |
仲間のHさんが住むエリア、ある日、ひょっこり、「見守り隊」になったようです。

あまりのひょっこりさに、報告を受けたとき、正直ビックリ。
「。。。そうなんだ。。」
「よかったよかった」

実はこのエリア、まだ一匹もTNRしていないエリア。
これまで度々、妙に人馴れした猫が、これまたひょっこり登場し、
そのたびに、抱っこ保護で、譲渡していたのです。

「どこかに餌をあげて、可愛がってるけど、手術してない人がいるね」なんて話していたのです。

Hさん、まったり、でも、確実に、ちらしとともにご近所に話を持って行きました。
「そんないいことなら早くやりましょ」とご近所と会長さん。
とんとん拍子で、サポーターを飛び越え、見守り隊となりました。

あっさり、お茶漬けみたいな感じで見守り隊に。
長年、TNRに明け暮れてるエリアでも見守り隊にはなれないのが現状です。
なぜって、必ず反対する人がいるんです。妙ですよね。
それさえなければ、いろんなエリアで私たちもTNR手伝えていると思います。

結局、これって、人なんですね。
そして、心のあり方ももちろん大事だけど、頭の良い悪い、が重要な気がします。
だって、今なら助成金で手術できるんだから、早くやったほうが費用負担も頭数も少ない。
枠内(市が年間に助成できる合計額)であれば、見守り隊は全頭助成金が出ます。

住民が自分たちの地域のためになると早く理解すれば、さっさと着手できる。
猫もどきに、と、理解しようとしない人たちがごっそり会長とかやっていると、いつまで経っても、効率的に実施できないから
負担が大きく、継続的に管理できない。

Hさんの住むエリアは、頭がいい人が多いから、飛び級で進級した、感じですね。
実に気持ちが良いです。まだTNR開始前ですが。

10万人住む瑞穂区で見守り隊が承認された2番目のエリアだそうです。
もっと増えなきゃ。

協力リストに載っている先生のところで手術ができますが、最近では、評判のいい協力病院は予約が大変だそう。
数ヶ月先まで予約でいっぱいの病院もあるとか。
サポーターや見守り隊が増えれば増えるほど
この問題も深刻になりそうですね。

獣医師会に入っていない病院にも,せめて1/3の1万円でもよいからの助成金が税金から出れば、
この状況も良くなると思いますが、
既得権益が絡むことなので、そう簡単に、はい、そうしましょう、とはならないみたいですね。
ドロドロしてるです。

みんな、「アルプスの少女ハイジ」とか見て育たなかったのかしら。
私はペーターやハイジみたいな子が好きですね。(^-^)/



次回の譲渡会は11/6(日)です。
譲渡のお約束事は「踊るココちゃん」ブログで確認してください。
fukiage.jpg


 傘オジサン
2016年09月08日 (木) | 編集 |
平日の10時過ぎ、なんとなく疲れてぽわ~んとしていると、
仲間のTさんから電話が。

声の様子があれ?脅えてるような話し方。

ぽわ~ん状態から我に返り、
「どうしたの?」と聞くと、
TNRしたネコ達の世話をしにいつものように現場に行くと、
猫に傘を振り上げる60代の男と遭遇したという。
「何するんですか?」ととっさに話しかけると、
このオッサン、そんなに可愛いなら持ってけ と傘で猫とTさんを突くそぶりをしながら詰め寄ったらしい。

110番したらしいが、とりあえず、現場に急行した。

こういう輩の決まり文句。「持ってけ」恐喝だよね。

持ってけないから地域猫にして繁殖制限しましょう。でしょ。

現場は住宅街。すでに警官が2名来ていた。
私と仲間のHさんが到着すると、神経質そうな顔した60代の男が、
「この人のせいで、最近猫が増えて困ってるんだ。この人のせいで、この人のせいで」を連発して
一切合切の猫の不満をTさんにぶちまける。深夜11時、寝てる人も多いはず。
この台詞も、お決まりだ。この人のせいで猫が増えた。

面倒をみている人が来れば、猫たちは一斉に出てくる。だから増えたと感じるだけ。
実際、ずいぶん譲渡もしているし、成猫は全てサクラ耳猫たち。手術してる。新入りがくれば
すぐわかる。Tさんたちがいなかったら、今頃軽く3倍の頭数になってるはず。
地域猫の活動の話をすると、
「そんなの私は理解しない。私は理解しない」と繰り返し手振りを沿えて叫ぶ傘オッサン。
「理解するしないは、お宅の勝手」
「私たちは国や市がやってることをサポートしているだけですから」と私。

後で聞くと、町会でもこんな調子で、餌さえあげなければどこかに行くんだからとまくしたてていたそうだ。
同席していた役員の女性が、猫を増やさないためにやっている活動だと話したらしいが、
そんな説明なんて理解不能。
気にいらないものは、どっかよそにもって行けばいい。そう! ゴミは隣町へ!
実にトロッチィ。
「持ってけ」じゃなくて、「ご苦労様です」でしょ。

実は、こういう爺さんが一番猫を増やす原因を作っている。
猫活動に関わるとこういう厄介者と関わることになりかねない。
だから皆猫が増えても何もしない。餌をばら撒く、か、多頭飼育崩壊寸前でも、何かされては可哀想と、しぶしぶ猫を連れ帰る。
で、崩壊して、ボランティアや保健所が問題に巻き込まれる。

私たちのやりとりを始終聞いていた警察官が
「やった、やってないの水掛け論なんで。。。」と言う。
「何それ?」
「傘なんて振りかざしていない」と言ったらしい。

そして、この警察官さらにこう言った。
「一人を相手に大勢集ってもこちらの人も気の毒だ」ときた。
「この現場1週間ほど前に、餌に毒をまく男もいたそうですよ」と言うと、
「この人のせいと決め付けるのは良くない」と同じ警官。
この切り返しは、お粗末過ぎる。傘オジサンの顔色だけを見て話している。

面倒だし、どうせ相手は女だし、黙りそうな方を黙らせればそれでよし。と思ったに違いない。
警察官の名前を聞き、
「私たちは、環境省が力を入れ、市が始めた事業をサポートしているだけです」と再び繰り返す。
もう一人の警官が、「こういう話で呼び出されること、時々あるんですよ」と言う。
その割には、対応がまるで酔っ払いの喧嘩の仲裁より酷い。

地域猫の活動は一般市民が主体。その市民がサポートされず、こんな活動広がるの?

警官の間で「捨て猫が犯罪」は最近になってようやく認知されつつある。
おそらく、ちょっと前に、大府の団体が仔猫を遺棄した警察を告発してからだ。
助けようと思う気持ちでしたことだけど、
遺棄が法に触れていることを知らなかった「無知さ」が告発され書類送検となった。

今回のこの件、始終薄笑いを浮かべ、リュウマチのように震えながら騒ぐオッサンはどうでもいいとして、
警察の対応に、この国大丈夫なんだろうか?の疑問が湧いた。
人格者でもない人間が権威を持つと、人を見下す癖を持ちやすい。
そんな癖を持った警官は、他の仕事に就くべきだと思う。



 法律
2016年08月09日 (火) | 編集 |
もう15年以上、猫活動に関わっているけど、
日本全国47都道府県の、一体どの県のどの市のどの地区で、
住民を主体とした飼い主のいない猫の継続的な活動ができているんだろうと考える。

いまだに、どの場所に行っても、ノラ猫だらけ。
自分の家の周辺、相談者の家の周辺。仲間の家の周辺。片っ端から手術をしたとしても、
その人達がその土地からいなくなったら、一体どうなるのか?
また増えたネコ達の手術や啓発を、誰が一から始めるのだろうか? 
ほとんどの人達は、今の現状と同じように、見てみないふりをするんではないかと思う。

これまで地域猫活動が進んでいた。と思われた場所も
10年も経つと、また猫が増えてる。時の経過とともに、人の移動もあるし、住民が高齢化すれば、若いときのように
サクサク、手術もできなくなる。

そういう話を聞くと、
従来通りのやり方のどこかがおかしい。と思えてくる。たぶん、やり方に無理があるのだと思う。

手術による倫理的な方法で、本当にノラ猫を減らしてゆきたいのか、従来どおり殺処分を継続してゆきたいのか。
愛護センターに迷いなく、本来の目的「殺処分ゼロ」に向かわせるには、
法律で「殺処分禁止」をするしか方法はないと思う。

禁止になれば、行政は嫌でも、地域ぐるみで手術をし面倒をみてゆくという唯一の方法を積極的に住民に説き、
住民が主体になってやれるよう、今よりは熱心に支援していく気がする。それでもやらなければ成す術がない気がする。

あるいは高齢者が圧倒的に多いエリアなら、行政職員が実際に捕獲し手術をすればいい。
住民はリリースされたネコ達の世話だけをし、新たに入ってきた猫の手術だけをすればいい。
そうしない限り、2020年オリンピックの年までに「殺処分ゼロ」という目標なんてクリアできると思えない。

原発を禁止にしないから、それに代わる新しい技術が開発されない。それに似ている気がする。

豊田市だけは、ひょっとしたら、こんな法律が無くても、ノラ猫ゼロになる日が近いうちにやってくるかもしれない。
戸建ても、マンションも比較的トイレ設置に理解があり、区長の理解も取りやすく、今年に入って、302地区の内の延べ72区で
住民を主体とした地域猫活動が行われているらしい。

愛護センターに住民から相談があると、職員がある程度までお膳立てをし、
その後、豊田地域猫に連絡が入る。スタッフが現場に行きサポートする。
地域猫の手術を無償で受けるためには、
チラシを町内に回覧したりトイレの設置が条件になる。
チラシの回覧はほとんどの区長がOKし、マンションの管理会社もトイレ設置の同意をしてくれるそうである。
地域性なのかもしれない。名古屋じゃちょっと考えにくい。

手術は無償で行われ、地域の理解の下、世話が継続される。
10年前は、信じられないほど遅れていた豊田市。
今では群を抜いて成功している。ひょっとしたら日本で一番成功している市かもしれない。

ボランティアは、保護猫の譲渡に力を入れる傾向が強い。不本意でもそういう方向に流されやすい。
豊田は窓口が一つという点も成功に大きく関係していると思うが、習うべき点が多いと思う。
















 東区の仔猫たち
2016年05月22日 (日) | 編集 |
今日、ようやく相談のあった東区の相談者のお宅に行けました。
そのお宅から近くに住む仲間のBさんにも声をかけ、Mさんと私と3人で行くことに。

小柄なお婆ちゃんが出迎えてくれました。
さっそく中庭に行くと、成猫たちがウロウロ。

産後まもない雌猫も、手術していない雄猫も、みな小柄で痩せ気味。
まだ保護されていない仔猫たちは、親から離しても大丈夫な大きさだったので、
まず先に親猫を2匹確保。雌の三毛と、雄の黒猫。
明日不妊手術。

成猫はあと4匹くらいかしら?

乳飲み子は親子で保護し、生後1ヶ月ほどの仔猫2匹を残して全て保護完了。
IMG_0078kodeki.jpg
<乳飲み子とお母さん猫、お母さん猫もとても若そう。。>

残りの仔猫を全部保護したかったけど、実際に現場に
行ってみると、ん~、、難しい感じ。
隠れるところ星の数ほど。。ありそう。。参った。
IMG_4988mikekodeki.jpg
<この三毛ちゃんは保護成功。明日手術>

まだ保護できていない仔猫2匹の内の1匹は具合が悪いそう。
ひょっとしたら保護できないかもしれない。

MさんとBさんに必要な器材を取りに行ってもらってる間、
今年90歳になる小柄なお婆ちゃんと2人きりに。

「お婆ちゃん、紐ありますか?」とたずねると、
紐を探してきてくれた。
「お婆ちゃん、いらない紙ないかしら?」と言うと、
紙を探してきてくれた。
自分の車で来ないと、忘れ物が多い。
頼むといそいそ持ってきてくれるお婆ちゃんを見ながら、
90歳になったときに、自分はこんな風に動けるんだろうかと考えた。

あっそっか、そんな心配はご無用。
きっと90まで生きてない。
科学調味料で育ってる年代だから。
以前生命保険のおばちゃんが言ってたっけ。
。。。そんなことを考えていると、

「小さいの、皆持って行ってくれてありがとうございます。
うちなんかにいるより、みんな幸せになってくれるといいです。」とお婆ちゃん。

「。。みんないいところに行ってくれるといいけんだけど」と私。

「。。娘が叱るんです。猫のことで。。」「餌あげちゃいけないって」
「喧嘩してから口もきいてくれなくて」
「。。そうなんですね。」と私。
お婆ちゃんの台所には、色々な猫餌が並んでいた。
餌をあげるのが楽しみの一つに違いない。
こんな高齢の小柄なお婆ちゃんを叱るのは可哀想だ。
身内だから言えるのね。
でも娘さんも言い過ぎて悪かったと思っているに違いない。
私も親に対してそう思うときがよくある。

「餌は継続してあげて下さい。手術するからもう増えないし。」
「ただ、ずっと置きっぱなしにしないで、猫が来たらあげて
食べたら下げてください。不衛生だから」と言うと、

お婆ちゃんの目が嬉しそうにまん丸になった。

「その日、餌を食べに来ない子がいても、その猫は別の場所で餌を貰ったと思ってください」
と言うと、

「そうですね。そうします」とお婆ちゃんの口元がほころんだ。

MさんとBさんが戻ってきたころ、相談者の娘さんもやってきた。
保護した三毛猫や、乳飲み子と母猫をBさんたちと親子ごとケージに移したり、
直射日光があたらないように工夫したり、皆結構汗をかいた。

娘さんに今後の手順を説明した後、
「じゃあ帰りますね。」と言ってMさんとBさんと連れ立って帰ろうとすると、

お婆ちゃんが疲れが吹っ飛ぶ冗談を真顔で囁いた。
「三毛ちゃん鳴いたら可哀想だから放してあげるの?」と小声で、そして真顔で、
おそらく娘さんに問いかけたお婆ちゃん。

。。。エッ?
面白すぎる。。(一気に汗)

かばんを持って立ち去ろうとしていた私は、180度向きを変え、お婆ちゃんに向かって
「お婆ちゃん、猫、今晩放しちゃうと、今日私たちがかいた汗、全部意味なくなっちゃう」
と言うと、また目を丸くするお婆ちゃん。

このお婆ちゃん相当面白い。笑いを堪え、今日はひとまず退散。
IMG_4994kodeki.jpg
IMG_4998kodeki.jpg
今日保護できたチビ2匹。
IMG_0091kodeki.jpg
今日はノミ取りと、風邪薬を飲ませ、明日以後、駆虫しよーね。

一足先に保護されたHさん宅にいる猫たちは、下痢も無く順調に風邪も回復しつつある。
kodeki_hirao.jpg