飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 TOKYO ZEROキャンペーン ~ すべてのペットが幸せになれる東京へ~
2017年08月07日 (月) | 編集 |
東京から、地方の隅々まで広がってほしい運動です。
第8回勉強会のお知らせ 「動物取扱業の規制はどうあるべきか」 超党派議連の論点整理状況を松野議員が語る

東京で開催です。開催日時:8月28日(月)19:30~21:00

講師:松野頼久/民進党衆議院議員。内閣官房副長官などを歴任。超党派議連「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」の会長代行。

細川敦史/弁護士。ペットに関する事件や裁判にかかわりながら、動物愛護法などについてメディアで発信。ペット法学会会員。

開催場所:エウレカ本社会議室/東京都港区南青山2-27-25-5F(東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a 出口 徒歩1分)(※「社員犬」もいるほど愛犬家が多い株式会社エウレカから会場を提供していただいています)

松野議員、犬猫の殺処分について、一番早くから熱心に動いてくれてる議員です。
お申込締め切り:8月18日(金)19:00 
URLをクリックすると、申込フォームがあります。



愛工大、今日も3回電話しましたが、担当者から折り返しの電話ありません。
「逃げてないですよね」 と聞くと、
今日は台風の対策で不在です、必ず電話させます、という女性事務員さん。
結果と、結果に至った理由が知りたいです。事実が知りたいです。
ノラ猫も、飼い猫も、人間も、食べなきゃ弱ります。死にます。
この台風の中、餌を多少はもらっているのか、心配です。
どうして弱者に優しくなれないのか、
なんでもお金なんですかね。寂しい話です。


次回の里親会は26日(土)場所は堀田です。
poster_2017right.jpg



にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村



 オリジナルバッグ販売
2017年06月01日 (木) | 編集 |
自分の猫のオリジナルバッグの注文を受けます! かばんや首輪など、手芸担当の仲間が中心で作ります。
おりじなるバッグ
売り上げは、医療費、餌代、トイレ代となります。
次回の里親会でも紹介します。お立ち寄りください。


2016年度、2015年度の譲渡猫の情報を更新しました。
この中には、残念ながら、譲渡した全ての猫は入っていません。
過去に定期的に参加され、今は自分たちで譲渡会をしている仲間から、情報がもらえていません。
この数を入れると、2015、2016年と、大体譲渡数は、60匹前後のようです。
この時期は、特に忙しいようです。。。お察しします。
とにかく、掲載している間、懐かしさと、月日の流れの速さに、ため息をついてました。。。
里親さんに貰われた猫たち
もし、ご自分の猫たちが載ってない!と気付かれたら、連絡ください。すみません!
なんと、行き先の情報がわからない猫たちもいて、行き先捜査中です。
これには、時間がかかりそうです。
収支報告、6月中に掲載する予定です。


次回の譲渡会のお知らせです。

6/17(土)里親会開催
場所:ブラザー・コミュニケーション・スペース
    瑞穂区塩入町5番15号 (無料P有り)
地下鉄 名城線 堀田駅から徒歩5分
開催時間 13時~16時まで
詳細は、アイラの会 で見てください。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 「動物愛護を通して考えるいのちの大切さ」& 豊岡市の朱鷺の話
2017年05月20日 (土) | 編集 |
5/21(日) 杉本彩さんが名古屋市伏見で 講演会をするそうです。
講演のあとに、パネルディスカッションがあり、名古屋市愛護センターの職員も参加するそうです。
sugimoto.jpg

詳細は 愛知県弁護士会 でご覧ください。



昨日の新聞で読んだ、一体何がしたいのかわからないようなニュース。

兵庫県豊岡市、絶滅した朱鷺->兵庫は、コウノトリ
人工的に孵化させて、自然に放すなんて活動をしているところの事件である。
猟友会の爺さんが、雛を育てていたメスのコウノトリを鉄砲で撃ち殺した。という話。
その理由に驚いた。
白サギと間違えて撃ったという話である。つまり、白サギは撃っても良いことになってるらしい。
白サギは、害獣だという。

この事件には、目が点になる。

1つの種類が、この国から完全に消えた、つまり、絶滅したには、根深いわけがあるはず。
その国の人間がどういう手段であれ、追い詰めて殺しまくった結果である。

コウノトリのいる田園風景にノスタルジーを求めてはじめた事業なのかなんなのか知らないけど、
これほど、無理解な人間のいる国で、こういう事業をやるべきことだと、ぜんぜん思えない。
やり方が暴力的すぎるからだ。

減農薬でお米を取りましょう、水田には水も張りましょう。と一部の自治体だけががんばったとしても、
全域に広がらなければ、餌場などそう簡単には確保できないはず。
ましてや、朱鷺にとってよい環境を作るなら、それは、サギやスズメやカラスや他の鳥にとっても環境が良くなること。
環境が良くなれば、サギやスズメだって増えるはず。ところがサギなんかは増えてほしくない。
でも絶滅させた鳥は増えてもいい。こんな話があるだろうか。傾きすぎたx翼的な思想みたい。

いずれコウノトリやトキが増えればまた殺すのだろうか。散弾銃で。猟友会のいかれた爺さんが?この爺さんたちにとって見れば
おそらく、畑や田んぼにやってくる鳥はみんな害獣に違いない。

こういう人が全国にいて、サギやすずめが増えれば、これは害獣だから、撃ってもOKなんて話が兵庫県だけでなくほかの県でも、この国全域でまかり通っているなら、鳥にとって、環境なんてまったく、整っていないことになる。
サギは撃ってもよし。
でも朱鷺は撃ってはいけない。こんな話があるだろうか。

こんなことを許している兵庫県!
こんな間抜けな事情も知らず、豊岡米なんかをわざわざ通販で買う必要などまったく無い。

本当に死滅した生物をもう一回復元させたいなら、完璧に環境を整えてから、つまりこの国に住む人間の野生動物を含めた
環境に対する姿勢を正してからでないと、勝手に復元させられる対象となった動物たちには苦労と哀れな結末しか
待ってない。
何も知らず、うませられ、死ぬまで苦労することになる。
なんのためにそれを強いるのか?人間の欲だよね。

結局、どこまで行っても人間本位の繁殖活動。人間の愚かさをこの事件がトップリ、教えてくれた。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村









 譲渡した猫たち2016年4月から2017年3月
2017年05月08日 (月) | 編集 |
1年の活動報告をまとめつつありますが、遅い!

毎年思いますが、毎月でも、こつこつやらないと、駄目ですね。
里親会が終わってトライアルに入ったら、すぐ記帳する!を癖つけるです。
腰が痛い。
ちなみに、2015年度、譲渡した猫の数はまだ集計されていません。(忘れるといけないので、2016年度分にいれちゃってる
猫たちもいます。)更新でき次第、移行します。(でもみんなが情報くれないと、数が多すぎて思い出せないです(ノ_<))
とばして、2016年度を先にやっていますが、
結構、譲渡してるんですね。改めてビックリ。

おそらく、ランダムでアイラの譲渡会に参加する人たちが決まった猫の数は入れていないので、それを入れれば
もう少し多くなると思いますが、
2016年度は、70匹くらい、譲渡しているようです。まだ情報待ちの猫たちがいるので増えると思いますが、とりあえず
中間報告が以下です。
アイラの会 里子に出た猫たち

捕まえては、連れ帰り、フーハーシャーのビビリ猫たちをトレーニングし、馴れて情がわいた頃に、涙のお別れのお届けをし、
、、、これを皆で合計70匹分以上やったんですね。

とりあえず、お疲れ様でした。
改めて、今年1年、みんな健康でいようね。
猫を抱えていると、体が資本だとしみじみ、感じますです。


SYさま、ご寄付ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。


 1/14(SAT)譲渡会について
2017年01月13日 (金) | 編集 |
明日は、今年初の譲渡会で準備をしてきましたが、

もし、雪でかなり道路の状態が悪い場合は、中止をします。

明日14日午前10時までに、このブログと関係するサイトでご連絡します。

次回の譲渡会の開催場所は八事になりますが、1/29日も開催する予定です。

天気には勝てないですね。