飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 生き物に優しい町は人にとっても住みやすい町。
 なごみちゃん。
2017年06月11日 (日) | 編集 |
会社の敷地内の猫たちのTNRを始めてほぼ半年が経過しました。

工場のおじさんたちが噛み付かれながら
必死で捕まえた、仔猫の「おしるこ」と「あんみつ」が譲渡されのが2016年12月、去年の12月のはじめでした。
oshiruko.jpg
(上の写真はおしるこ)
oshiruko_anmitsu.jpg
どっちがどっちだかわからないですが、おしるこ&あんみつ

この子達の親猫の黒猫のなごみちゃんは、11月に手術し耳カットして、リリースしていますが、
それ以後、姿を見ず、工場のTさんたちと、必死で探しました。

他の棟の工場まで情報を収集しに行ったり、近所にチラシをまきながら聞き込みしたり。
仔猫だけ助けたのに、親が死んでしまったのかと思うと、
「可哀想なことをしてしまった」とかなり落ち込んでいたのです。

ところがほぼ半年経過した一昨日、なんと、なごみちゃんが餌場に登場!
びっくり仰天でした。
なぜって、毎日見ていた(未手術だと思って捕獲を試みていた)1匹の黒猫が、
その日は、かなり傍までやってきたので、
腰をかがめてジッと耳を見ると、角度が水平に近い小さめのカットが耳にされていたのです。

「毎回餌場で見ていた、この子が、実はいなくなってたと思ってたなごみちゃんだった」
ということがわかり、
腰が抜けそうなくらい、驚くとともに、
どうしてこれまで気付かなかったのかと、まぬけさにかなり脱力。

いつも暗い時間にしか出てこない猫たちを相手にはっきり確認できなかった。。
皆、なんの特徴もない黒猫。おまけに、警戒していて傍まで来ない。
明るい時間にたまたま出てきてくれたから、確認できたと、自分を納得させながら
帰宅したのでした。

工場のTさんたちに、翌朝メールで「朗報」と報告したわけです。
「よかった」「よかった」

大きな声で言えないけど、
この会社にきて一番嬉しかったこと、が、なごみちゃんとのこの再会だったと思います。

Tさんたちが、作ってくれた猫の寝床には、
おじさんたちが勝手に付けた猫の名前のラベルが貼ってあります。
なごみちゃんのベッドもあります。
どこからか資材を集めて作ってくれた、雨も風も砂も、カラスも防げる自動給餌機を覆う透明のカバーには、
大きな翼を広げた、鷹の写真が貼られています。
これには、思わず、笑えましたが、多少効果があるのか、最近カラスを見ません。(^-^)/
こんな感じです。↓
esaba1.jpg

Koujyo.jpg
トイレ作ってあるにもかかわらず、藤の周辺でトイレするのが好きなようで、その都度、片付けます。

現在、なごみちゃんと常に一緒にいる、もう一匹のお痩せの黒猫を手なずけ中です。
口内炎が酷く、なんとか捕まえて、できる範囲での治療をしてあげたいと思っています。

知立市のK様、ミルク代のご寄付ありがとうございました。
お気遣いありがとうございます。


poster20176月
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村









 保護1年のルイ君。
2017年06月04日 (日) | 編集 |
保護がほぼ1年経過した、生まれつき目の悪いルイくん。
今年の冬、目の手術もしました。
その甲斐あって、かなり目やにが出なくなっていました。

一度、トライアルに出たのですが、1匹で新しい場所に行き、そうとう不安だったようです。
目が不自由だからなおさらです。
そのトライアルが不成立になり、しばらく待機していましたが、
ひょんなことで、新しく保護された別の猫と大の仲良しに。

新しく保護された猫と一緒に、トライアルとなりました。
rui_komada.jpg
ルイ君の体に足をおくブッチー。
ruikun22.jpg
ルイ君はとても人に懐いていて、性格も頭も良く猫からも好かれます。
トライアルがうまくいき、一緒に行った、ブッチーと、幸せに暮らしてほしいです。
長く保護してくれたMさんが一番寂しいですが、彼女が納得した環境のお宅へもらわれてゆければ
それが一番。よいご縁であること願っています。


poster20176月

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 まるで捨て猫祭り
2017年05月30日 (火) | 編集 |
仲間のYさんが活動する、大きな公園に仔猫が毎日のように捨てられ、
ドンドン、センターの猫たちの保護が遠のいてゆく感じです。
この時期は、余裕がなくなります。
せめて大きな保護猫たちが、春までに里親さんを決めて出て行ってくれるといいのですが、
なかなか、思うよう行かず、この時期は、保護先のボランティアさんの家の猫密度が一気に上がります。

公園を管理する土木管理事務所が、猫問題は自分たちの問題だと思ってないんですかね。
いまだに、助成金を使って手術ができない。
一番猫多いところに使えない助成金。
猫の問題意識を持ってるおじさんたちがいない?

いずれにせよ、
ボランティアが「もうやめた!」と名古屋市内の公園から一気に手を引いたら、猫、すぐ元の数にもどるんでしょうね。
虐待する人も増えてるし、深刻な問題です。
公園だけじゃなくて、地域全域で、手術することが当たり前にならないと、
公園に捨てる人は減らないんでしょうけど。土木による公園猫の去勢不妊手術参加は必須です。

hanawa 28_1

IMG_0116tnobi.jpg
こんな小さいのが、ここ数日間に急ピッチで保護されています。映ってない猫も待機中です。
chibinaka.png
yoshikawanakamura.png
仔猫が、「ガシッ」としがみついている、ハンモック、Yさんのお手製です。
よろしければ、お売りします。。(^-^)/
皆可愛いけど、手前のブラックスモーク!根性ありそうで可愛いです。
ハンモックのチビたちは、すべて、男子です。



次回の譲渡会は、6/17(Sat) です。

場所:ブラザー・コミュニケーション・スペース
瑞穂区塩入町5番15号 (無料P有り)
地下鉄 名城線 堀田駅から徒歩5分  
開催時間 13時~16時まで開催時間

子猫や成猫達が参加予定です。
※当日ご都合が悪い場合、別途お見合いも致します。
問い合わせ先 airanokai\gmail.com
\を@に変えて送ってください。






 白黒ネコのピース
2017年05月29日 (月) | 編集 |
昨年の10月頃、仲間のMさんが首にガムテープをぐるぐるに巻かれたネコを見かけたそうです。
運転中だった彼女は、そのネコと、一瞬すれ違い、ネコを見失いました。
私は、この話を、ごく最近聞くこととなりました。

年が明けて今年の1月。私たちが知らない餌やりさんが、そのネコを昭和区のXX動物病院へ連れて行ったようです。
テープをとってあげてほしいと先生にお願いしたそうです。
このやりとりは、私たちは、それから4ヶ月してから知ることとなりました。

今月中旬に、仲間のTさんが偶然そのネコを保護し、去勢手術をするために病院に連れて行きました。
首にはまたガムテープがまかれていました。

手術後、病院からTさんに電話があり、
「このネコ、以前もうちにきたことがあり、そのときも一度、首のテープを取ってます。
同じネコです間違いないです。」と先生。
つまり、TさんとTさんの知らない餌やりさんが、偶然にも同じ昭和区のXX病院へ今年1月と5月に
このネコ、ピース(仮名)を連れて行っていたのでした。

このとき、病院に警察を呼べばよかったのですが、
どうせ警察を呼んでも、「それがどうした。虐待がなんだ」みたいなとろっちいことを言われかねないので、
呼ぶだけ面倒くさい。そんな感じで、通報しなかったのです。
何を言ってくるかわかりませんが、
とりあえず、事後でも証拠はあるので、愛護センターに連絡し、相談しようと思います。

頭のおかしな人にしかできない芸当。
そして、そんな変な人にも心を許していたから、こんなことされてたのよね。
そう考えると、ネコがかなり、不憫です。

いろいろ考えて、結局、保護することになり、そのためにTさんが
血液検査をしたら、なんと、白血病が陽性。。
急遽保護場所がなくなりました。
でも、外には返さないです。危険すぎます。

なんとか、Mさんのつてで、保護先を確保できましたが、
べったり見てやれることもできず。

毛艶も悪く、苦労し疲れきっている感じがしています。
最近、痩せてきているようだし。。
過去に看取った猫たちに似ています。
余生がどれだけあるのかわからないけど、できる範囲でかわいがってあげなきゃと思います。

piece_2017_g.jpg

piece_2017_May.jpg
ちかいうち、別の病院へ行って診てもらいたいと思います。
食べられるうちに、好きなものもたくさん食べさせてあげたいです。

にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村









 気になる気になる。。
2017年05月06日 (土) | 編集 |
南区からやってきた、ビビリな三毛ちゃん、「みつ豆」

中村区の公園でからすの餌食になりかけ、間一髪で助かった2匹の乳飲み猫たちに興味津々。
IMG_7490nakamura.jpgIMG_7492nakamura.jpg
ちびすぎて、まだ、まともに歩けません。。。
IMG_0284miusu.jpg
「。。。」 じっと観察するみつ豆。
IMG_0283mm.jpg
「きゃ~ 仔猫がいるよ~ん」
みつ豆、かなり興奮してます。
私は、こういうみつ豆が可愛い。
男子のトラちゃんは、まったく興味なし。。

GW中に仲間と約束した首輪、作ってみました。
やってみてわかった、私には無理っぽいです。
kubiwa.jpg
背中と腰が痛くて、アウト。
洋裁できる人、凄いですよね。