FC2ブログ
飼い主のいない猫たちの地域での共生を目指します。 猫の保護の相談は一切、受け付けていません。
 中日新聞
2018年09月23日 (日) | 編集 |
新聞に、「猫バス」で猫の譲渡会が開催されることを知りました。
名古屋市が、猫の殺処分を減らすために、譲渡に向けて企画した譲渡会なんだそうです。
読まれた方もたくさんいらっしゃると思います。
自民党や、公明党の議員が、後押しして、実現したそうです。

譲渡、愛護センターでも力入れてやってます。以前は成猫なんかは、すぐ殺処分の対象になっていましたが、
ここ数年は、引き取り自体もしていないと聞いてます。

ただ、飼い主のいない、あるいは、中途半端な飼い主の猫から生まれる猫が処分の対象になってるとおもいます。
譲渡のみに力を入れても、産んでる親猫たちを手術しないと、いつまでたっても、
譲渡合戦は終わらないです。

最近、
「庭に来る猫たちの、避妊手術がしたいけど、
捕まえられない。それで子猫が生まれてしまって困っている」と言う女性に会いました。
おそらく70代の方だと思います。

サポーターになると、ほぼ無償で手術できますと言うと、
「そんなばかな。私の嫁いだ娘も、自分の家の庭に来る猫達のことで保健所に相談に行きましたが、
数万円かかりましたよ」という返事。

「???」

行政の窓口である保健所が、サポーター制度のことを紹介してないってこと?ですかね。

「猫がたくさん庭にくるので、サポーターになりたい」と言うと、
「。。。サポーター、ですか?」
「素人のくせになんでそんな制度知ってるのか?」と言わんばかり。
それでも、くどいほど、サポーターになりたいと繰り返すと、ようやく、のらりくらり、
はっきりしない言い方で、
「それになるには、書類も書かないといけないし、、ハードルが高くなりますけど。。。」だって。

幸い、この日知り合った女性は、サポーターの申請をすることができました。
説明の後、すぐに保健所に行かれました。相当、手術がしたかったんでしょう。
私もこの日またこの女性の家に行き、触ることのできない猫を保護する器材を届け、使い方を教えてあげました。

市会議員も、地域でこうやって行動してくれる人を増やすための努力をしないと、根本的な解決にはつながらないということを知るべきです。
あるいは知ってるけど、そのところは、面倒だからやりたくないのかな?

文句だけ言う人を黙らせる。
自分の猫でもないのに、手術反対する人を黙らせる。
実に面倒です。

譲渡って言えば、世間体もいいし、が本音でしょうか?
こういうこと長くやってると、どうも疑い深くなりますね。

でも、譲渡だけに、力をいれても解決しない。馬鹿じゃないからわかっちゃう。

相談も、書類作りも、家庭訪問も、申請の受理も全部、愛護センターがやれば良いと思います。
センターの職員を増員し、生きものと実際にかかわっている、現場を知ってる人たちに対応させるべきです。
その方が、対応がスマートで早い気がします。
保健所は、クレーム対応だけに、専念すればいいじゃないかなぁ。



201809050917396b7.jpg
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村
ポチっとお願いします。



 里親さんからの餌のご寄付
2018年08月20日 (月) | 編集 |
鈴虫が鳴くようになりました。
まだまだ暑いですが、朝夕は少し気温がさがり、少し楽になりました。

18日の里親会場に、以前猫を譲渡した瑞穂区のKご夫妻が、たくさんの餌を持って、遊びに来てくださいました。

残念ながら私は、タッチの差で会うことができませんでしたが、仲間から
譲渡した猫たちのツーショット写真を見せてもらいました。
餌のご寄付をありがとうございました。
仲間や餌やりボランティアさんたちと分けていただきました。
特に猫たちが大好きなチュール!この暑さの中、外でなんとか頑張っている地域の猫たち、喜びます。
Kさんご夫婦、楽しくて、とてもとても仲がよく、猫も幸せです。
これからもふくちゃんたちのこと、宜しくお願いします。

次回の里親会は9月中旬になります。
準備中のちび猫たちも、たくさん参加する予定です。また
後日、こちらにも掲載します。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村





 譲渡猫達の亡霊
2018年08月10日 (金) | 編集 |
尋常でない暑さの毎日、思い切って、押入れの掃除や書類の整理、不要な本や衣類の廃棄をしました。
なぜかというと、最近、虫に噛まれること度々で、大掃除をしたかったのです。
古本屋にどっさり本を持ち込むと、なんと、100円。。少しでもシミがある本、買えないんだそうです。

猫たちは完全室内飼いなので、年中、蚤ダニの心配など無用と思っていましたが、今年の夏はどうやら、
変な虫を人が家の中に持ち込む可能性が高いことがわかり、まず大掃除!
無害な虫除けハーブも設置。とても良い香りがするので、動物を飼っている家にお勧めです。
(触れる猫たちには、念のため、5年ぶりくらいにノミダニ駆除用の薬の塗布をしました)

書類の整理をしていたら、2005年からの猫達の里親さんの書類が出てきました。
段ボール2箱。もう廃棄の時期です。少しずつシュレッダー。。
その中から、ずっと気になっていた猫達の里親さんの情報が出てきました。

譲渡して何年たっても、時々「あの猫どうしてるだろう」と、頭をよぎる猫たちが、数匹います。
ある程度大きくなってから譲渡した猫たちは、外の生活を知っているので、脱走していないかと心配になったりします。
黒猫のくるちゃんも2歳まで外の生活をしていた猫だったので、少し心配だったんです。
その頃は、今のように、譲渡後に年一回の連絡の約束はありませんでした。
今は里親さんから、2月22日(ニャンニャンデー)にお知らせを受け取っています。

思い切って、譲渡したYさんに11年ぶりに連絡をしてみました。
くるちゃんはかなり特別な猫でした。
それまで、猫なんかにまったく興味のなかった身内から相談された猫だったからです。
甘えん坊でとても可愛らしい雄の黒猫でした。

Yさん、電話の向こうで、昔と変わらない話しぶりで、昨年の5月15日に亡くなり、長楽寺へ持ってゆきました。
と話してくれました。
これを聞いたとき、やっぱりそうだったんだ。と思いました。
ちょうどその頃、くるちゃんのことがとても気になっていたからです。

気になる譲渡猫たちの亡霊が、時々知らせにくるみたいです。
急に、気になる。なんの前触れもなく。。(*≧∪≦)

亡くなった時は、14歳くらいになっていたと思います。
調子が悪くなり、病院へ運んでいる途中で容態が悪化し、そのまま病院で亡くなったのが可哀想だったとYさん。

でも、あのまま外にいたら、そんな長生きはできなかったでしょう。
ありがとうございました。と言って、電話を切りました。
それにしても、あれから11年。。。早いですねぇ。月日が流れるのは。
押入れの中も、冷蔵庫の後ろも!!掃除はこれからもまめに、徹底的にやることにしました!気持ちがいい!し、クリちゃんのことがわかって、心のもやもやからも開放されました!


tirashi_8ss.png
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村

 あまみのさくらねこ病院オープン by 動物基金!
2018年08月02日 (木) | 編集 |
ニュースの拡散です。奄美大島に猫の不妊手術をするための動物病院ができるそうです。
動物基金さんや有志の獣医さんたちの努力と行動力に感謝です。
奄美大島に猫の無料不妊手術専門病院を8月15日オープン! 
ボランティアを募集  公益財団法人どうぶつ基金が運営。

人間の身勝手で猫が増え悪者扱いされ、、、ようやく繁殖制限しやすい環境を整えてもらえたようです。
メディアでもきっと取り上げられるでしょう!!
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村



 多頭飼い飼育の崩壊
2018年07月31日 (火) | 編集 |
今年の夏は異常らしいです。
異常で良かった。これが普通だったりしたら、来年から、溶けそうです。
木は空気を冷やします。
落ち葉が落ちるからとか、目障りだからとかの理由でやたら伐らないで欲しいです。
木を伐って山壊して、太陽光パネルも止めてほしいです。。本末転倒。。

最初の猫と人生始めて一緒に住みだした頃、かなり緊張したこと、おぼえています。
茶ピーちゃんと呼んでた雄猫です。公園からついて来た茶虎猫です。
どうやって飼育するんだろう?
発情は?
蚤って何?とか。。
知らないことばかりで、獣医さん捜すのも、大変でした。
今から18年も前の話です。
「腕の良い獣医」 とかいう本を買って、騙されました。
本当に腕の良い獣医、本にのらない。
だって、のらなくても、十分流行ってるから。((^∀^*))

何が言いたいって、どんな動物を飼うにも、緊張が必要です。

先週だったか、中京テレビで、岐阜の団体さんが、多頭飼育崩壊現場で猫たちをレスキューしていました。
現場は、見るに耐えない、糞尿で滅茶苦茶で、飼い主は、そんな風になった、自分の家と猫を放棄して、引っ越した。という状況。
繁殖制限を怠り、ノラ化した猫が捕まらなくなり、どんどん繁殖したのか、
ただ、面倒だから、放置したのか、あるいは、両方か?
とにかく相当数の猫たちが置き去りにされていて。。
自分たちがしでかした、だらしのない全部を、かわいそうだと思う、市民に丸投げ。。
インタビューされて、のらり、くらり、話してる 飼い主には、???しか浮かばない。
愛情って責任が伴わないと、成立しないです。

これって、れっきとした犯罪じゃないの?
犯罪だとしても、行政は、捕獲と処分しかできない。だって、置いておく場所もない?
だから、ボランティアが動く。の構図なのかなぁ。やっぱり。
頭が下がります。

でも、こういう事件が、全国的に増えてるらしいと聞いてるこのごろ、
飼い主にペナルティ、ゼロって、どーなんだろう。
難しい問題です。

家の中で延々増え続けている猫のことなんて、外からではわからないですから。
猫が交番にでも駆けつけて事情話せば別かもしれないけど。。


tirashi_7_8ss.png
参加猫の情報は、踊るココちゃん で見てください。
にほんブログ村 猫ブログへ


にほんブログ村